30代独身男性の特徴。マイペースで女性への理想が高い!

最終更新日:2017年10月10日

今、結婚年齢がどんどん高くなっていると言われています。

そのため、30代になっても結婚する気配が全くなく、独身を貫く男性もかなり多くなります。

なぜ彼らは、結婚しようとしないのでしょうか。

そこで、30代独身男性に共通する特徴についてご紹介します。

1.打ち込みたいものを持っており、結婚に興味を示さない

30代独身男性の多くは、趣味や仕事など、「今、全力で打ち込みたいもの」を持っているという特徴があります。

そのため、目の前のものに没頭することで忙しく、恋愛や結婚のことなど考える余裕もないのです。

そして、何かに全力で打ち込んでいるうちに、その状態に幸せを感じ、結婚に興味を示さなくなってしまいます。

このタイプの男性の場合、「結婚しても幸せになれるかどうかわからないのであれば、今この瞬間を大切にして幸せを感じたい」と考えています。

そのため、結婚にあまり夢や憧れを持っていないのです。

このタイプの男性は、たとえ今付き合っている彼女がいても、このようなポリシーを持っているがゆえに、なかなか結婚の話を出そうとしないという点も、特徴の1つです。

2.自分のペースを大切にしたいと考えている

30代独身男性の多くは、自分の生活・行動のペースを大切するタイプで、そのペースを崩すことを嫌がる傾向があります。

もし結婚してしまったら、共同生活が始まるため、多少は相手に合わせなくてはならなくなります。

ところが彼らは、「人に合わせる」ということが大きなストレスになってしまうため、どうしても結婚に対して二の足を踏んでしまいます。

30代ともなれば、1人で生活していた年月が長い分、いきなり相手に合わせることを求められても、苦行になってしまうでしょう。

そのため彼らは、「そのようなことをして自分を苦しめるのであれば、最初から結婚などしない方が良い」という考えを持つようになってしまいます。

3.外見を整えることに無頓着

30代独身男性の中には、「結婚したいのに、女性から全くモテない」という人もいます。

そのような男性には、「自分の外見を積極的に整えようとしない」という共通点があります。

その結果、どんどん女性から縁遠くなってしまいます。

このタイプの男性は、「真面目に働き、性格さえ良ければ、いつかは運命の女性に出会える」と信じて疑わないという傾向があります。

しかし、自分の外見を魅力的に整えようとしないので、女性に出会っても、友達以上の関係にならないのです。

中でも特に、清潔感を大切にしていない男性は、何歳になっても結婚できないということが多くなります。

4.女性に対する理想が高過ぎる

30代独身男性の中には、女性に対する理想があまりにも高過ぎることが原因でなかなか結婚できないという人もいます。

このタイプの男性は、結婚を恋愛の延長線上のように考えてしまい、現実を見ずに夢ばかり追ってしまいます。

その結果、女性に対する要求水準がどんどん高くなってしまいます。

そして最終的には、彼らとピッタリ合うような女性が1人もいなくなってしまいます。

特に、「結婚したら、妻にはこうして欲しい」「妻にはこんな女性でいて欲しい」という希望が多過ぎる男性は、年齢を重ねるたびに、結婚から縁遠くなっていくでしょう。

30代独身男性は、「今の人生に満足しており、結婚に興味がない」というタイプと、「結婚したくてもできない」というタイプに分かれます。

前者の場合は、今の自分の人生に幸せを感じているため、この先独身生活が続いても、彼ら自身は何も負い目を感じることはないでしょう。

しかし、後者の場合は、「女性と歩み寄る」「女性の目を意識する」という努力が必要です。

「結婚したくてもできない」という悩みを抱えている場合は、このような努力をしない限り、独身生活から抜け出すことは難しいと言えるでしょう。