40代独身男性の特徴。熱中できる趣味がある!

最終更新日:2017年10月10日

未婚率が高くなっている傾向ですが、年代毎に独身男性の特徴には違いがあります。

今回はその中でも40代独身男性の特徴やその他の年代との違いの理由などをご紹介します。

1.独身生活を満喫している

長年独身生活を送っている40代男性は、1人という身軽さに気楽な感覚を覚え、単独で過ごす楽しみ方を身につけています。

特徴的なのが、周りから見て寂しそうに見えないという部分があり、それは独身生活を満喫している可能性が高いので、40代独身男性の特徴とも言えます。

40代独身男性の中には色々なタイプの人がいて、結婚経験がない人や離婚した人、結婚するチャンスはあるけどしない人などそれぞれ違いがあり、違いによって特徴も変わります。

ただ、色々なタイプの共通的な特徴は、充実した生活感を出しているという点です。

2.結婚を諦めていない

40代独身男性は、結婚を諦めていないという考え方が特徴的で、相手が見つからず結婚できない人でも、将来的に結婚する希望は強く持っています。

相手がいて結婚しない場合でも、いつかは結婚をしたいと考えているケースが多く、40代独身男性は今独身でもずっと独身でいるつもりはない、という考えの人が多くいます。

また、特徴でもありますが、考えと話す内容に違いがある人も40代独身男性に多くいます。

例えば、1人が気楽だから結婚しないで独身でいるんだ、という男性は結婚をしたいと考えているケースが多く、結婚を諦めていない40代に多い特徴です。

全ての人がそうとは限らないので、あくまでも多いという特徴ですが、結婚をしない考えの場合は、将来的なビジョンを具体的に持っていることが多く、結婚しない理由に気楽だからや身軽だからなどは言わない傾向です。

3.婚活をしている

40代独身男性の特徴として、大方何かしらの婚活をしていることがほとんどです。

公的データを見ても、結婚相談所や婚活サイト、婚活パーティーなどを利用している人の率が高く、年代では40代も30代に並び高い水準になっています。

独身経験が長い理由には、幾つかの原因が考えられますが、理想が高いと婚期を遅らす原因にもなります。

婚活機関を利用すると、様々な形で理想を求めた活動ができるため、理想を高く持ちがちな40代独身男性は、利用している可能性が高く特徴とも言えます。

婚活の種類によっては、結婚への真剣度に違いが出るので、真剣に結婚を考えている40代独身男性は、結婚相談所のような真剣度の高いサービスを利用している特徴があります。

4.内向的か外交的のどちらか

40代独身男性の特徴として、内向的か外交的のどちらかに偏っていることが多くあり、既婚者はその中間のタイプが多い傾向です。

内向的なタイプは、元々中間だったのが様々な原因で内向的になった人と、昔から内向的な人とがいます。

内向的になる原因で多いのが、離婚や結婚のチャンスを逃した、相手が長年見つからないなどがあり、40代独身男性の特徴的なタイプです。

外交的なタイプは、昔から外へ目線が向いているので、婚期を逃し独身でいる人が多く、友好的や集団行動が好きなタイプがなりがちです。

5.趣味がある

40代独身男性の特徴で、趣味を持っているという点があります。

内容は色々ですが、1人の時間を過ごすことが上手いタイプが多く、熱中する趣味を持っているか持ちやすのが特徴です。

ゲームやスポーツ、映画など趣味の種類は色々ありますが、多趣味の人が多いのも40代独身男性の特徴です。

個人差があるので、全て40代独身男性にあてはまる特徴とは言えませんが、比較的多い傾向です。

年代が変わると結婚への考え方も変わるので、生活スタイルにも違いが出て特徴も変わっていきます。

40代は丁度どちらの選択もできる年代なので、様々な特徴があると言えます。