コミュ力が高い男性の特徴は相手への質問が上手!

最終更新日:2017年9月9日

人と接するうえで必要となるのがコミュニケーション能力です。

誰もが欲しい力ではありますが、人と話すのはなかなか難しいですよね。

しかし、周りを見渡すと誰とでも話すのを苦にしない人もおり、このような人は、どのような特徴があるのでしょうか。

今回は、コミュ力が高い男性の特徴をご紹介していきます。

1.人の話をしっかりと聞ける

コミュ力が高い男性の特徴としては、人の話をしっかりと聞けることがあげられます。

コミュニケーションといえば話すことがメインだと考えている人もいるかもしれませんが、実は、話すのと同じくらい聞くことも大事です。

例えば、自分の話ばかりで、人の話を聞かない人はコミュニケーション能力があるといえるでしょうか。

このように、話すだけではなく、聞くこともコミュニケーションの一つであることがわかるでしょう。

このような点をふまえ、人の話をしっかりと聞ける人は、コミュ力が高いといえます。

人の話はただただ聞いていればいいのではなく、相手が聞いて欲しいと思うポイントを上手に掴むことが大切です。

どんな話をしたいのか、どの点を聞いて欲しいのかを瞬時に判断しなければならず、この事ができる男性は、コミュ力が高いといえるでしょう。

2.質問が上手

コミュ力が高い男性の特徴としては、質問が上手だといえます。

初対面の人と話していてよくあるのが、会話が途切れてしまうことです。

自分の話をしていたのだけれども、話すことがなくなってしまうと会話が止まってしまうことでしょう。

このような時にどう話を展開できるかによって、コミュ力が高い男性かどうかは決まっていくのです。

コミュ力が高い男性は会話が止まるような場合では、質問を上手に行うことができます。

話の中で気になった部分、興味のある部分などを質問することで、相手がまたその質問について自由に話してくれることでしょう。

質問が上手にできるのであれば、別に自分が話すことが無くても会話は続き、むしろ、質問以外はあまり話さない人もいます。

しかし、自分が話すことがなくても、質問によって会話が長く続くので、質問が上手な人もコミュ力が高いといえるのです。

3.相槌が上手い

コミュ力が高い男性の特徴としては、相槌が上手いといえます、相槌とは、「うん」「そうだね」などの言葉であったり、首を上下に振るうなずきのようなものを相槌と呼びます。

相槌が上手いと話を聞いてくれているように感じやすく、話をしている側としては、もっと自分のことを話したいと考えるのです。

このように聞くと相槌は簡単だ、と思う人もいるかもしれませんが、以外にも相槌が下手な人は多くいます。

例えば、ずっとうなずいているので逆に不自然な人、話のポイントではないところでリアクションが大きい人など、話している人が話しづらくなってしまうような相槌もあります。

相槌といってもタイミングがあり、適切なタイミングでなければ、会話を邪魔してしまう危険性もあります相槌が上手い人はコミュ力が高い人であり、相槌がうまくできる人は、相手の会話のポイントを掴むことができる、相手の話したいことを察知できる人だといえるでしょう。

コミュ力が高い男性に共通しているのは、聞き上手だということです。

コミュ力といえば話す事といったイメージがあるかもしれませんが、別に話すことが苦手でもコミュ力は高めていくことができます。

もし、話すことが苦手、話す内容が特にないという人は、聞くことに力を入れてみるといいでしょう。

また、コミュ力が高い男性が持っている能力としては、相手に合わせる能力もあります。

人に応じて柔軟に姿勢を変えることが大切であり、自分勝手な人では、コミュ力は高めることはできません。