デート中の男性の服装で女性の好感度が高いのはジャケットスタイル!

最終更新日:2017年9月13日

男性がデートに着て行く服装はいつも迷いますよね。

服装は印象を決める重要な要素なので、できれば服装選びでは失敗せずに女性の好感度をさりげなくアップしたいものです。

ここではデートで女性の好感度が上がる男性の服装をご紹介します。

1.ジャケットスタイル

デートで女性の好感度が上がる男性の服装の筆頭格はやはりジャケットでしょう。

ジャケットはフォーマルな場で身に付けられるいわば男性にとって気を使ってオシャレしていますという象徴です。

つまりデートの場にジャケットで来るイコールその女性とのデートを大切に考えて気合を入れて来てくれているという印象を与えることができて好印象です。

普段、カジュアルな服装の人や若い人ならちょっと背伸びしてでもかっちりしたテーラードジャケットを着れば気合をイメージできますし、普段スーツ姿の人ならそれとは違う素材感などでリラックス感を出せれば仕事着と差別化できます。

2.眼鏡やコンタクトレンズの使い分け

デートで女性の好感度が上がる服装と言うのは洋服だけではありません。

職場恋愛で会社ではコンタクトをしている男性がデートにはカジュアルな眼鏡で現れるとか、逆に趣味の集まりでは眼鏡の男性がデートにはコンタクトなど、いわばギャップを狙うパターンです。

デートで普段見せない姿を見せてくれることは女性への本気度や、女性だけに見せる姿のような独占欲を刺激することができます。

もちろん、眼鏡のセンスや、それぞれに合うヘアスタイルのチョイスも合わせて気を使いましょう。

3.趣味に繋がるポロシャツやTシャツ

多少上級者テクニックになりますが、アウトドアが趣味の人ならアウトドアブランドの街着ポロシャツ、音楽が趣味の人なら好きなバンドのTシャツをジャケットに合わせる、旅行や出張でよく海外に行く人ならその国でしか売っていない変わったデザインのポロシャツなど、服装から会話を広げられるように仕込むテクニックです。

女性側も「珍しいロゴですね」「実は、仕事でよくタイに行ってそこで買ったんだ」という風に個性をアピールしつつ自然に会話を広げることが出来て好印象になります。

4.シンプルながら一点豪華主義

デートだからといって気合が空回って変に派手すぎたり個性的すぎるのはかえって女性に印象が悪いことがあります。

あえてモノトーンや無地などシンプルに抑えつつ、腕時計やシルバーアクセサリー、靴など一点に注目を集めるスタイリングは女性に好印象を与えます。

オーソドックスなスタイルをオーソドックスに決められる人ほど女性はオシャレに感じるし、デートの相手として安心感があると好感度を上げることができます。

5.こだわりの革小物使い

ファッションセンスを発揮する場所を女性があまり真似できない部分に求めるのもいい方法です。

上質感漂う革ベルト、男性向けの高級ブランドの時計やアクセサリー、革細工の高級なウォレットチェーンなどにこだわりを持って使っていて、それについてちょっと語れるような男性は女性の憧れです。

女性にとって、自分が知らない世界を教えてくれたり、自分が持っていない何かを持っている男性というのは好感度が高いです。

6.可愛い系の柄や女性的な色

上記のギャップアピールなどにも繋がりますが、極普通の男性用のファッションだけだと、男性ファッションに詳しくない女性の印象に残らないことがありますが、女性の目から見ても興味がある可愛い系の柄やピンクのシャツ、パステルカラーを靴下や靴に上手く使うなどのテクニックは効果的です。

女性でも着られそうな可愛い動物や花柄のシャツ等は、女性が思わず「そのシャツかわいい」と言ってしまうものです。

そこから会話が盛り上がるし、そういうシャツを着こなす男性への親近感が沸くので好感度がアップします。

いかがでしたか。

デートで女性の好感度が上がる男性の服装には色々ありますが、確かなのは個性的過ぎないこと、そして空回りしない安定感とそこから話題を広げていけるような服装が好感度アップということです。

デートの服装に悩む男性の皆さんは是非参考にしてください。