ドライブデートを楽しむ方法は渋滞にイライラしないこと!

最終更新日:2017年9月14日

ドライブデートってわくわくしますよね。

ドライブデートのいいところは公共交通機関と違って移動時間をふたりきりで過ごせることと、車で出かけることで非日常を味わえることです。

ここではドライブデートを楽しむ方法をご紹介します。

1.ドライブ自体をデート目的にする

ドライブデートを楽しむ方法は、ドライブを単なる車という移動手段と捉えないでそれ自体をデート目的にするのが大切です。

目的地やお目当てのレストランなど行き先を主目的にして色々盛り込みすぎると移動が大変になって運転手に負担が掛かったり、渋滞などで予定が狂うと残念な気持ちになります。

今日はドライブデートだから景色を眺めながらゆっくり走る、休憩しながら行くなどお互いにドライブというデート目的をはっきりさせておけば朝車で出かけた時点で楽しいドライブデートの成功が約束されます。

2.家まで車で迎えに行く

ドライブデートを楽しむ方法は、運転手側が多少遠回りになっても相手の家まで車で迎えに行ってあげるのがコツです。

特に女性にとって、ヒールで荷物を持って駅に歩いて電車に揺られて出かけるのはけっこう大変なものなので、ドライブデートで彼が家の前まで車で迎えに来てくれるのは楽だし嬉しいし、非日常を感じられてそれだけで彼に対する評価は5割増しになります。

3.渋滞や回り道にイライラしない

ドライブデートを楽しむ為に、運転上の予定外のことにイライラしないようにするのがコツです。

運転手だけでなく、助手席側が「全然進んでないじゃん~」とイライラするだけで運転手に対するプレッシャーになります。

運転手が道を間違えて回り道になってしまったときなども「大丈夫、ドライブが目的だからゆっくりでいいよ」と声を掛けてあげるだけでドライブそのものをお互いに楽しめるようになります。

4.ドライブのBGMを楽しむ

ドライブの楽しみはなんと言っても音楽にあります。

ドライブ用のプレイリストをその日の為に用意するのもいいし、お互いのスマホに入っている音楽をランダム再生するだけでも相手の意外な音楽の趣味に気づいたり話題に事欠きません。

ただ、お互いの音楽の趣味が離れている場合にはプレイする割合を公平にするか、相手も楽しめる無難なアーティストを用意するなど気をつけないと不公平感が生まれてしまいます。

5.安全運転を心がける

ドライブデートを楽しむ方法の大前提に安全運転があります。

特に免許を取ったばかりの男性が自分のドライブテクニックを彼女に見せていい格好をしようとスピードを出しすぎたりすることがありますが逆効果です。

同乗者を大切に思うからこそ、一人のときよりももっと丁寧な安全運転をする姿こそ相手にとって大事にされているなと愛情を感じられる場面になります。

せっかくのドライブデートで怖い思いをさせないことで初めてドライブデートが楽しめます。

6.道路代、ガソリン代を運転手に押し付けない

ドライブデートを楽しむ方法で最後に忘れてはいけないのはドライブは無料ではないということです。

ETCを利用して高速道路を使っていると普段車を運転しない同乗者は気づきにくいですが、道路代は電車代以上にかかる事が多く、一日の運転で消費したガソリンは後で運転者が給油するときにお金を払います。

最終的に割り勘にするのか、どちらかが払うのかは別として同乗者側が「今日は運転お疲れ様。

道路代とガソリン代は払うよ」と声を掛けることで運転者はとても嬉しく感じてお互い気持ちよくドライブデートを終えることが出来ます。

いかがでしたか。

ドライブデートは非日常を味わえるワクワクするようなデートです。

一方で車移動ならではの時間の読めなさだったり運転の苦労などもあったりします。

ドライブそのものを楽しむというお互いの気持ちがあればドライブデートはきっと忘れられない思い出になるでしょう。