営業マンが成果を出すためのコツ

最終更新日:2015年1月25日

営業で成績を上げるためにはちょっとしたコツも必要です。
営業成績の良い人を分析してみるといくつか共通点が見つかりますので、出来る人を参考にしながら営業成績をアップさせましょう。

1.身だしなみを整える

まずは営業先のクライアントにこの人なら信頼して仕事を任すことが出来ると思わせることが大切です。
そのためには身だしなみを整えることが最低限の条件となります。

誰しも不潔感の漂うひとより、清潔感あふれるひとを選ぶでしょう。
もう一度自分の身なりを整えることが営業マンにとって欠かせないことかもしれません。
スーツはヨレヨレではないか、ワイシャツに汚れはついてないか、ヘアースタイルは不快感を与えていないか、口臭体臭などはしないか、女性の方であればお化粧が濃すぎないか、香水をつけすぎていないか、スカートの場合は丈が短すぎないか、ネイルは派手すぎないか、チェックポイントはたくさんあります。

クライアントはさまざまですし、人によって感性が違いますからどれが正解かは言えません。
気を遣いすぎて逆に不快感を与えてしまう可能性がありますから、オシャレをしすぎも問題です。
TPOをわきまえたうえで身だしなみを気を付けることが大切です。

業種によるかもしれませんが、特に年配の方などは髪を染めていたり髭を伸ばしていたり、身なりの部分でのチェックが厳しくなります。
いくら似合っていたとしてもそれを不快感に感じる人は必ずおりますから、どんな年代の人にも好感をもたれる身なりにすることが営業成績を上げるコツでもあります。

営業先に行く前には必ず姿鏡で全身をチェックしてから出向くように心がけましょう。

2.クライアントへ挨拶をしっかりする

印象をよくするためには基本的なことが出来ていなければ話になりません。
挨拶をしっかりする、ボソボソと話すのではなくはっきり話す、そういった基本のことが大切です。

第一印象をよくするために一番重要な点が《挨拶》なのです。
人の第一印象は見た目の挨拶で決まると言っても過言ではありません。
第一印象で良くないイメージを与えてしまうと挽回するのが大変だと言われるくらいです。
ですから初めが勝負です。
好印象を与えるためにハッキリとした口調で挨拶と自己紹介をすることが最低限のマナーでもあります。
ここで好印象を植え付けることが出来れば、営業も簡単に決まる可能性も高くなってきます。

クライアントは営業マンの身なりや挨拶、話し方、細かいところまでチェック&観察していますから気を抜いてはいけません。
そして知ったかぶりなどはしないように、わからないことはハッキリと聞き返すことも好印象になります。
しっかり調べて次回までにお伝えできるようにするですとか、そういった対処法も相手は見ているのです。

3.電話対応もスマートに

営業の場合は実際に会う以外にも電話でのやりとりや取引があります。
人間は実際に会って会話する際に声だけではなく、ジェスチャーや見た目、すべてを無意識にチェックすることが出来るのですが、電話ですと声のトーンだけで判断することになります。

ですから会話術や無駄話のなさや不快感を与えない電話の終わらせ方などが印象をよくするために重要なことでもあります。
長々とならないように出来るだけ職務時間内に連絡をするようにするのがマストですが、もし理由があって職務時間外に電話することになった時には前置きとしてひとこと謝りの言葉を添えるだけ随分印象をよくすることが出来ますから、そういった小さい心遣いもしておきましょう。
長電話をしまいようにと電話を一方的に切ってしまうのも印象を悪くする要因になりますから、相手が電話を切るまではこちらから切らないように切ったことを見計らってから受話器を置くようにしましょう。

これは最低限のマナーです。

あまりにも早口だったりしますと年配の方は聴き取れなかったり理解できない場合もありますから話すスピードもゆっくりすぎず早すぎずを心がけるようにしましょう。

4.最終的には人間性

最終的に契約するうえで何を基準材料にするかといいますと、営業マンの人柄でもあります。
この人が進めるなら契約してもよいかな、と思わせれば勝ちなのです。
とても良い商品を勧められたとしても営業に来た人の印象が悪かったらまず契約はしないでしょう。

逆の場合もあります。

どのような商品なのか、本当に良いものかわからないけれども営業の仕方によって試してみようかな、と思うこともあります。
商品の営業だとしても最終的には人対人の話し合いになりますから、どれだけ好印象を与えることが出来るかによって営業の成績が変わります。

営業マンにとって第一印象はとても大事

営業マンにとっては第一印象をよくするということは自分の成績を上げることに繋がりますし、会社の利益につながりますので出来るだけ好印象を持ってもらうことが成績を上げるコツともいえるでしょう。
さらに、第一印象をよくするコツを身に着けることによって仕事以外でも役に立つのです。