合コンが苦手な男性の特徴。人見知りで硬派!

最終更新日:2017年10月10日

合コンが苦手という男性には色々な特徴があり、性格的な部分や行動、表情など特徴は様々です。

そこで、合コンが苦手な男性の分かりやすい特徴についてご紹介します。

1.表情で分かる特徴

合コンが苦手な男性の特徴で、1番分かりやすいのが表情についてです。

合コン中男性メンバーの表情を見渡した時、正面を見ていない男性は合コンが苦手な可能性が高いです。

硬い表情が特徴で、正面を見ない理由はその場の雰囲気に違和感を感じているからや、女性に対し苦手意識を持っているからです。

その為、合コンが苦手な男性は、女性が苦手というケースが多いと言えます。

しかし、女性が苦手ではないけど、合コンが苦手という男性もいるので、その場合は表情の硬さを見ると違いが把握できます。

また、合コンが苦手という男性は、合コン中自分が苦手という事を隠すために、テンションを上げる人もいますが、表情の変化はあまりないのが特徴です。

2.人見知り

合コンが苦手の男性は、人見知りという特徴があります。

合コンは大抵の場合、初めて会う女性がほとんどのため、人見知りの男性にとっては過ごしやすい環境ではありません。

人見知り男性の場合は、1対1で接する方が向いているので、複数人がいる合コンは苦手な傾向です。

合コンで口数が少ない場合や、友人男性と話す機会が多い人は、合コンが苦手な男性の可能性が高く特徴でもあります。

人見知りの男性は、子供の頃からその傾向にあるので、複数人が集まる場所やグループでの行動をあまり好まないのも特徴的ですが、人数が少ないと元気になる男性もいます。

得意不得意がそれぞれあるので、合コンが苦手な男性か見分ける時、元気かどうかも把握しやすい部分です。

3.飲み過ぎる

合コンが苦手な男性の典型的な特徴に、お酒を飲み過ぎるという点があります。

人見知りも関係しますが、合コンの雰囲気に馴染むため、アルコールの力でテンションを上げようとするからで、かなりの確率で飲み過ぎる男性は合コンが苦手です。

逆に、合コンが得意の男性はアルコールをあまり飲み過ぎないで、最大限出会いのチャンスを活かす行動をします。

その為、飲みに走っている男性は合コンが苦手で、馴染みたいけど中々溶け込めないタイプです。

合コン中飲み過ぎると、女性との会話が上部だけの内容となりがちで、その場だけで終わりやすい関係になり、出会いから恋愛に発展する可能性が低い特徴があります。

適度なアルコールでテンションを上げるのが理想で、合コンが苦手な男性ほど飲酒を抑えるのが大切です。

4.ハイテンションが嫌い

合コンが苦手の男性は、ノリやハイテンションの雰囲気が苦手という特徴があり、その雰囲気になりやすい合コンは自然と苦手になってしまいます。

また、女性のテンションも高いのが苦手という特徴もあるので、大人しい女性を好みがちです。

中には、自分と逆のタイプの女性を好む男性もいますが、大抵合コンが苦手な男性は大人しい女性がタイプです。

5.硬派

最近あまり見かけないタイプですが、硬派の男性は合コンが苦手という特徴があります。

出会い方や恋愛などに対し、こだわりを持っているケースが多いので、ラフなスタイルの合コンはあまり得意ではありません。

硬派の男性は、軽いタイプではないので、合コンが苦手でも女性受けする可能性が高く、比較的もてるタイプでもあります。

合コンが苦手の男性は、見た目で分かりやすい特徴がほとんどの為、周りが把握しやすいことがほとんどです。

しかし、合コンが苦手の女性もいるので、自分だけが不利な立場と考えないで、合コンに参加するのがポイントです。

また、合コンが苦手という男性は、得意な男性を観察して取り入れられる部分だけ実践するのも、良い対策方法と言えます。