女性に一目惚れされたと告白された時は自分の気持ちを確認しよう!

最終更新日:2017年9月5日

一目惚れというのは男性が女性にすることが多いイメージがありますが、

デキ男ならば女性に一目惚れされることもあるではないでしょうか。

女性に一目惚れされた時って一体どのようにスマートに対処すればいいのでしょうか。

今回は女性に一目惚れされた時の対処法についてご紹介します。

1.自分も相手に気がある場合

女性の方から突然に「あなたに一目惚れしました」と言われて、自分も相手に好意を持ってしまった場合、その申し出を断る理由はありませんよね。

けれども、何の前触れも心の準備もなく「一目惚れしました」と言われても自分にその後大切な予定が入っていたり誰かと一緒に過ごしていたりする場合には一旦その場を離れなければいけなくなる事もあるでしょう。

そんな時は、まずは素直に自分の気持ちを伝える事が第一です。

一目惚れした相手に声をかける事が出来る女性というのはなかなか少ないものです。

それでもそれだけ自分の事を想ってくれているのだという事にまずは感謝して「実は僕も君の事が気になってるよ」と素直に相手に対する気持ちを伝えましょう。

そして電話番号やスマホアプリでの連絡先などをひとまず交換することで、いつでも連絡が取れる状態を作っておきましょう。

一目惚れした瞬間でなくても、後から「実はあなたの事一目惚れでした」と告白されるかも知れません。

そんな時には若干本当かな、と疑ってしまうかも知れませんが、その気持ちを表情に出さないように気をつけましょう。

2.自分に全くその気がない場合

自分の事が好きだと見ず知らずの女性に言われたとしても「この人は僕の何を知っているのだろう」と不思議に思ってしまいますよね。

ましてや、全く何の接点もなく交流もなく自分がどんな人間なのか分からないにもかかわらず一目惚れという外見の好みだけで好きという判断を下せる女性に対しては不快感しか感じないかも知れません。

そのように自分に全くその気がない相手に対しては「ごめんね。

そう言ってくれるのは嬉しいけれど彼女がいるからそんな気になれないんだ」と相手にお付き合いの可能性がない事を伝える事が大切です。

相手の気持ちを考えて「今は」と言う枕言葉をつけてしまうと「今付き合っている人と別れたらお付き合いできる可能性があるかも」と変な期待を持たせてしまうことになるのでそれは注意しておきましょう。

また、一目惚れしたからという理由だけでアプローチしてくる女性というのは、過去にも同じように一目惚れをきっかけにお付き合いがスタートするケースが多いはずですから、恋愛に関してのガードはわりと低いタイプだという認識で接する方が良いと言えるでしょう。

3.どちらともいえない場合

話し方や雰囲気がなんとなく気になったり、外見的に可もなく不可もなくといった感じでなんとなく気になるといったような場合、すぐにその女性と交際がスタートするかどうかは別にして関係をキープしておきたいといった気持ちが芽生えるのも事実ですよね。

一目惚れされたという受け身の態勢でこちらが挑んでいては、その後の関係においても女性に主導権を握られてしまいます。

ですから、一旦そういった出会いのきっかけは頭の中から消し去って1人の女性として対等に出会ったと仮定して自分から程ほどに食事に誘ったり、カラオケに行ったりするのがよいでしょう。

女性の方からどこかに誘われたとしても、なるべく断るようにする事が主導権を握るポイントです。

性格や思考など相手の事がまだ何も分からない状態の関係であれば、出来るだけそれが分かるまで自分に主導権を持たせておく方が賢明というものです。

一目惚れは悪い事じゃない

一目惚れをきっかけとしてお付き合いをスタートさせるカップルは沢山いるかと思いますが、多くの場合第一印象で好感を持った相手に対して関心を持って、そこから好意に発展したりしますよね。

ですから、好きになるきっかけが一目惚れであったとしても外見だけを気に入られたといったようなマイナスなとらえ方ではなくて、たまたま外見を受け入れてもらっただけ、という気軽な気持ちで捉える事がその後の関係を良好なものに変えると言えるでしょう。