人と話すことが苦手な男性の特徴。自己主張できず、緊張しがち!

最終更新日:2017年10月9日

人と話すことが緊張する人もいれば、全く関係なく話すことができる人もいることでしょう。

このことに関しては人によって大きく分かれるものであり、人前であっても緊張せずに話すことの出来る人、一対一でも話すのが難しい人もいます。

では、話すことが苦手な人は、どうして話すことが上手にできないのでしょうか。

今回は、話すことが苦手な男性の特徴をご紹介していきます。

1.適切な言葉が出てこない

話すことが苦手な男性の特徴として、適切な言葉が出てこない人だといえます。

話すときには相手の言葉であったり、反応に応じて言葉を返すことが基本です。

普通であれば特に何も考えずに返すことができ、どんな言葉を選べばいいかなどはあまり考えない場合も多いのではないでしょうか。

しかし、話すことが苦手な男性は、その場で適切な言葉を探そうとし、失敗しています。

何を話すべきか、言って良いことと悪いことはなんだろうか、などを考えすぎてしまうせいで、うまく言葉にすることができません。

このように、話すことが苦手な男性は適切な言葉を考えすぎてしまい、うまく話すことができなくなってしまいます。

2.相手の反応をうかがってしまう

話すことが苦手な男性の特徴として、相手の反応をうかがってしまう人だといえます。

相手の反応をうかがってしまうことによって、自分の言いたいことが言えなくなる傾向にあり、言おうとしていた言葉であっても、この言葉はやめておこうと躊躇ってしまいます。

このような事が繰り返されることで、段々話すことに対して苦手意識が出てしまい、結局話すことが苦手になっていってしまいます。

また、相手の反応をうかがってしまう男性は、相手の気持ちがわかりやすい人だといえます。

だからこそ、相手が不快になったり、悲しんだりする言葉はさけようと努力しています。

そのことによって、相手にかける言葉が減っていってしまい、相手の反応をうかがいすぎるあまり、話すことが苦手になっていってしまいます。

3.自己主張ができない

話すことが苦手な男性の特徴として、自己主張ができない人だといえます。

自己主張ができない人とは言いたいことが言えない人であり、思ったことがあっても口にだすことができない人です。

そのため、自分の考えを表に出すことができず、相手との会話を苦手としてしまうようになります。

また、自己主張できない男性は、普通の会話でも入るタイミングをなくしがちです。

普段から何も話すことができないので、例え自分の意見などが必要のない場面でも、どのタイミングで話し始めればいいのか、誰の後に話せばいいのかなど、会話のタイミングを見失う事が多くなります。

このような理由から、自己主張ができない人は、話すことが苦手な男性だといえるのです。

4.緊張しやすい

話すことが苦手な男性の特徴として、緊張しやすいといえます。

誰と話すにも緊張してしまい、うまく言葉にすることができません。

このような男性は誰と話しても、少人数でも緊張してしまうことが多く、自分の思いを上手く伝えることができません。

そのため、緊張し易い人は、話すことが苦手だといえるのです。

話すことが苦手な男性の特徴として、相手との距離感をうまくつかめていない傾向にあります。

自分が話しても良いこと、悪いことの区別が難しく、話そうと思って入るものの、躊躇してしまいやすいのです。

また、思っている事をうまく言葉にすることができな人も、話すことが苦手です。

自分は何を考えていて、どのように話せばそれが伝わるのかが、うまくできていないのです。

このような人はまず話すことを大切にし、どんな事でもいいので、自分の言葉でしっかりと伝える練習が大切です。