嫌みな男性の特徴。人の成功が妬ましく、劣等感が強い!

最終更新日:2017年10月4日

なにかあるたびに文句を言ってくる、些細な事に因縁をつけてくる、事あるごとにグチグチと言ってくる人にはあまり良い印象を持たないでしょう。

このような発言が悪印象なのはわかっているはずなのですが、何故か文句を言って来る人も多いことでしょう。

では、このような人達は、どうして些細な事で色々と言ってくるのでしょうか。

今回は、嫌味な男性の特徴をご紹介していきます。

1.人の成功が妬ましい

嫌味な男性の特徴として、人の成功を妬ましく思っています。

誰かが成功した時、物事を成し遂げた時には、一緒になって喜んであげることが理想だといえます。

しかし、手放しで喜ぶことができるかといえばそうではなく、悔しさであったり、妬ましさというものを持ってしまうこともしょうがないことだといえます。

嫌味な男性は人を妬む傾向が強く、一緒に喜ぶのではなく、羨ましがる方向に思考が向いてしまいます。

嫌味な男性は人が成功した時に、おめでとうということができません。

それどころか嫉妬し、羨ましく思うので、どうしても強く当たってしまいます、その結果が嫌味であり、この成功は大したことない、どうせ偶然だろう、などの意味を込めて、嫌味を言ってしまいます。

2.正面から言う勇気がない

嫌味な男性の特徴として、正面から言う勇気がない人だといえます。

嫌味といえば陰口のような側面も強く、遠回しな表現を使うことがよくあります。

そのため、文句があるなら直接いえばいいのに、まどろっこしい言い方をしないで欲しい、などのように感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

このようにわざわざ遠回しに発言する理由としては、正面から言う勇気がないからです。

嫌味な男性は直接文句を言うことはできないけれども、何らかの形で難癖をつけたいと思っています。

その結果が嫌味な発言であり、直接的ではないから自分はひどい人間ではない、この程度なら別に傷つかないだろう、などと考えながら発言しています。

嫌味を言うのは勇気がないからであり、正面から文句を言う力を持っていないのです。

3.劣等感が強い

嫌味を言う男性の特徴としては、劣等感が強い人だといえます。

劣等感が強いと嫉妬しやすく、人の成功を喜びにくくなります。

自分は辛い思いをしているのに成功するなんて許せない、自分よりも優れているわけではないのになんでなんだ、などの気持ちを抱えやすく、成功した人に対して悪意を持ちがちです。

また、劣等感が強い人は、自分が劣っている事を感じつつも、認めたくない気持ちがあります。

だからこそ、嫌味を言うことで些細な抵抗を行なっており、自分はその人を認めていないという意思表示を行っているのです。

4.反撃されることを恐れている

嫌味を言う男性の特徴として、反撃されることを恐れています。

嫌味を言う場合の多くは、嫉妬などの攻撃的な意味を含んだものです。

しかし、気に入らないからといって暴力を振るうわけにもいかず、暴言を吐くことも許されないでしょう。

また、直接的に言わない理由としては、反撃されることを恐れているためです。

暴言などを言ってしまうと反撃されることが多く、反撃されると、負けてしまう可能性も出てきます。

そのため、嫌味を言う男性は反撃されないように、嫌味という遠回しな方法を用いて、自分の気持ちを相手にぶつけようとしています。

嫌味を言う男性の心理としては、文句を言いたいけど直接は言えないと感じています。

勇気がない、問題にしたくない、などの様々な気持ちを抱えていますが、大抵は自分の保身のためだといえるでしょう。

しかし、文句を言いたい気持ちは収まらないために、嫌味という遠回しな表現を用いて、自分の言いたいことを間接的に伝えようと企んでいるのです。