人脈の広げるために必要なことは何よりも行動すること!

最終更新日:2017年9月5日

人脈が多い人はそれだけ、いろいろなチャンスに出会ったり様々な情報が入ってくる機会が多いです。

何か困ったことが起こった時に、人脈が広いその中に助けてくれる人がいるかもしれません。

人脈が広げておくこおは、仕事でもプライベートでも良い事がたくさんあります。

では、どのようにして人脈を広げれば良いのでしょうか。

1.知人に紹介してもらう

人脈を増やしたいのであれば、友達や職場の同僚などから紹介してもらうと良いでしょう。

まず、あなたはどのような人と知り合いになりたいですか?社長クラスの人と知り合いになって人脈の幅を広げたいのであれば、社長の知り合いがいる人を見つけて紹介してもらえるようにお願いすればいいのです。

知り合いに紹介してもらうことで、自然と交流を持つことができます。

「会社の経営に興味があって社長さんの話しが聞いてみたいんだけど、誰か知っている人はいない?」と友人や知人に聞いてみるといいでしょう。

知り合いにパイプ役になってもらうことで、どんどん人脈の輪は広がっていくでしょう。

2.社会人サークルに入る

人脈を広げるには、趣味の社会人サークルに入ってみるのもオススメです。

共通の趣味を通じて、話しが弾み交流が深まりやすいです。

野球が好きな人は草野球チームに入ってみたり、ゴルフを始めた人はゴルフサークルに参加してみたり、社会人サークルに入ってみると新しい出会いのきっかけとなります。

英語を勉強したい人であれば、英会話教室に通ってみるのも良いでしょう。

新しいことにチャレンジすることで、新しい人に出会ってそこから新しい人脈が生まれていくのです。

仕事とは全く関係なく仲良くなった人と、何かをきっかけに新たなビジネスチャンスにつながることだってあります。

趣味の場に参加して新しい交流を深めることにより、人脈がいつのまにか広まっていきます。

3.出会いの場に参加する

人脈を広げたいのであれば、人と出会うことができる場所にどんどん積極的に参加していくのが一番です。

社内でも自分が働く部署の中だけでなく、他の部署とも仲良くなるチャンスはいくらでもあります。

社内の様々な部署の人と仲良くなっておけば、仕事をする上で有利に働くこともあるでしょう。

上司や上層部の人達とつながりを持つことで、出世のチャンスがうまれるかもしれません。

出会いの場は、社内だけでなく社外にもあります。

社外のセミナーや勉強会、交流会などに参加することで、同業種の人にも異業種の人にも出会えるチャンスはいくらでもあります。

人脈を広げたいのであれば、積極的に交流の場へ自らで飛び込んでいく勇気が必要です。

4.連絡先を聞いて次につなげる

人脈を広げたいのであれば、親しくなりたい人に出会った時にはその場限りの出会いで終わらないよう次につなげる努力をしましょう。

せっかく新しい人と出会うチャンスがあっても、その場限りで終わってしまったら人脈は広がっていきません。

親睦を深めたい人と出会ったら、すぐに連絡先を聞きましょう。

食事や飲みに誘ってみると良いでしょう。

今は、LINEやSNSなどが普及しているので、ネットで交流も深めてみるのも良いでしょう。

人脈を広げるには、親しくなりたいと思った人とはどんどん交流を深めていくことが必要です。

相手の連絡先を聞いてやりとりをしていくうちに少しずつその人との信頼関係が深まっていき、人脈が深まっていくのです。

人脈を広げるには、友人や同僚などにパイプ役となってもらい、仲良くなりたい人を紹介してもらうと良いでしょう。

新たな人脈を広げたいのであれば、趣味の社会人サークルに入って、新しい交流の場に参加するのもオススメです。

社内の他部署の人と交流をもったり、社外のセミナーや勉強会、交流会などに参加して同業種や異業種の人と交流を持つこともできます。

人脈を広げたいのであれば、自分から積極的に交流の場へ飛び込んでいけばいいのです。

そして、新しい出会いの場で知り合えた人には連絡を聞いて次に会う約束をとりつけたり、SNSなどで親睦を深めていくと人脈は広がっていくでしょう。