女性が苦手な男性の特徴。恥ずかしがり屋でぶっきらぼう!

最終更新日:2017年9月25日

男性の中には、女性と接することが苦手な人もいるでしょう。

実は女性が苦手な男性には共通する特徴があります。

今回は女性が苦手な男性の特徴についてご紹介します。

1.子供の頃から女性が苦手

女性が苦手な男性の特徴に、子供の頃から苦手というケースが多くあり、その原因は先天性的なことだけではなく環境も影響しています。

学校のクラスで、男子と女子の仲が良くない環境が多かった場合、その後も女性との距離感をとる傾向があるので、女性と接することが苦手になりがちです。

そういった男性の場合、女性に対してだけ人見知りになり、男性には社交的という特徴があります。

2.恥ずかしがりや

女性を意識し過ぎる性格で、女性と接すること自体を恥ずかしがる特徴の男性もいます。

そういった男性は、女性だけに恥ずかしい気持ちを持つタイプと、男女問わず恥ずかしがるタイプがいて、男性同士でも恥ずかしがるタイプは、女性と接すると異常に緊張するという特徴があります。

3.顔に出る

女性と接する時、顔が赤くなったりぎこちない表情になる男性は、女性が苦手な可能性が高く特徴的な部分とも言えます。

女性と会話する時に、顔や髪を掻くような仕草が多い男性は、女性が苦手な可能性が高く落ち着きがなく見える特徴があります。

女性が苦手という事を、相手に気づかれないようにする男性もいるので、その場合オーバーリアクションをして紛らわすという特徴もあります。

4.口調が乱暴

女性が苦手だと会話への抵抗感が強く、普通にしゃべりたくても上手く話せず、乱暴な口調になるケースがあります。

個人差があるので、口調が悪いからみんな女性が苦手とは限りませんが、表情もぎこちないようなら苦手な可能性が高いです。

恥ずかしがりやとかぶる部分もありますが、上手く話が出来ない分乱暴な口調になってしまいがちです。

5.女性との距離が遠い

女性が苦手な男性の特徴で、会話をする時や一緒にいる時など、必要以上に距離を取るケースがあります。

会話している時、必要以上に距離を感じた場合、女性が苦手な可能性が高いです。

一緒に歩く時でも、女性の歩くペースを考える余裕がないので、早く歩き前に行き過ぎてしまうか、遅く歩いて後ろの方にいるかなど、女性が苦手な男性の特徴とも言えます。

6.女性に対し逆に友好的

女性が苦手な男性の中には、苦手な自分を克服するために、あえて女性に対し積極的なアプローチをする場合があります。

例えば、女性同士が会話している所に入って来て、話に混ざろうとする場合があります。

しかし、この場合女性が苦手ではない男性もとりがちな行動なので、この特徴だけでの判断は難しいです。

このタイプで苦手か見分けるには、会話の内容が自然か不自然かに注目すると、違いが分かりやすくなる点があります。

7.馴れ馴れしい

女性に対し友好的と似ていますが、女性が苦手な男性は馴れ馴れしい行動をとりがちで、自分のタイプと違う行動をあえてとる特徴があります。

この特徴は、自分は女性が苦手という事を強く意識している男性に多く、苦手を克服するためにやっているケースが多々あります。

ただ、女性が苦手で馴れ馴れしい行動をする男性の場合、目を合わさない特徴があるので、目を見ると苦手かどうか分かりやすいです。

女性が苦手な男性は、それを克服したいと考えていることが多く、その為の対策が上手くいっているケースと、裏目に出てしまう場合があります。

裏目に出ている時には、周りから見てもこの男性は女性が苦手なんだなと分かりやすく、その行動自体が女性が苦手な男性の特徴とも言えます。

あくまでも個人差があるので、これらの特徴に該当したら全て女性が苦手な男性とは限りませんが、可能性はとても高いです。