女性を上手に飲みに誘う方法!まずは相談を持ちかけること!

最終更新日:2017年9月4日

気になる女性とお近づきになる為に飲みに誘いたいけど、不安や緊張でなかなか誘えないことってありますよね。

断られたらどうしようと先の心配をするよりも、ダメでもともとぐらいの覚悟で気軽に飲みに誘ってみてはいかがでしょうか。

女性をさりげなく飲みの誘うにはどのようにアプローチすれば良いのでしょう。

1.相談を持ちかける

女性を飲みに誘う時に、下心が相手に見えてしまうと相手が躊躇してしまうことがあります。

女性と二人きりで飲みに行きたい場合、「相談にのって欲しい話しがある」と言って飲みに誘ってみましょう。

誘われた女性に、「どうして自分に相談するのか」と聞かれるかもしれません。

そんな時は、「話しやすい雰囲気があるので」と言いましょう。

頼りにされて嫌な気分になる人は、あまりいないでしょう。

相談内容は、仕事の事や私生活のことなどなんでもかまいません。

下心が見えない誘い方なので、誘われた女性側も意識せずに二人で飲みに行くことにさほどの抵抗を感じません。

誘う方も、あまり気負うことなくさりげなく飲みに誘いやすい方法です。

もし女性に断られた場合でも、相談事があったから誘っただけだという予防線を張っているので、振られてしまったというショックは薄いです。

2.一人では行きづらい店があると誘う

女性と二人で飲みに行きたい時に、行ってみたい店があるけど一人では行きづらい店である事をアピールしてみるのも女性を誘いやすい方法です。

あくまで女性と二人きりになりたいのが目的ではなく、その店に行ってみたいという点をアピールするのがポイントです。

一人では入りづらい店なので誰か付いてきてくれる人がいないか探している楓にして誘うのです。

口説く為に飲みに誘われているのではないので、女性は警戒することなく「私でよければ付いていきますよ」とオッケーしてくれるでしょう。

女性を上手に飲みに誘うには、女性が二人きりで飲みに行っても大丈夫だという安心感を持たせることが大事です。

3.女性が好きな料理の店に誘う

女性を上手に誘うには、その女性の好きな食べ物や趣味などを知ることも大切です。

イタリアンが好きな女性なら、連れて行ってあげたいイタリアンの美味しいお店があると誘ってみてはいかがでしょうか。

自分の好きな料理のお店であれば、「行ってみたい」という気持ちが大きいはずです。

サッカーが好きな女性だったら、サッカーをテレビで観戦することができるようなスポーツバーも良いでしょう。

相手の好きな食べ物や趣味を知らなければ誘うことができないので、普段から相手のことをチェックしておく必要があります。

4.日頃から仲良くなっておく

女性を上手に飲みに誘うには、日ごろからその女性と仲良くなっておくことが大切です。

あまり親しくない男性に誘われても、女性は二人きりで飲みに行くのに抵抗を感じるはずです。

飲みに行っても二人で何を話せばいいのかわからないような間柄では、二人きりで飲みに行きたいと女性が感じません。

まずは、普段から女性と会話をして親しくなっておくことが一番です。

職場が同じ場合には普段から会話をする機会も多いでしょうが、職場が違う場合には、LINEやSNSなどの携帯電話を利用するのも良いでしょう。

女性と自然体で会話を楽しむことができるようであれば、話しの流れで自然に飲みに行く誘いもできるはずです。

女性を上手に飲みに誘うには、相談があるから話しを聞いて欲しいと飲みに誘うと下心を見せずに誘うことができます。

「一人では入りづらい店がある」と言ってお店に行くのについて来て欲しいと誘うのも、異性として意識せずにあまり抵抗を感じさせない誘い方です。

また、女性の好きな食べ物や趣味をチェックしておいて、女性の好きそうなお店へ誘ってみるのも良いでしょう。

女性がそのお店へ興味を持ってくれたら、オッケーの返事がもらえる可能性が高くなるでしょう。

女性と二人きりで飲みに行きたいのであれば、その女性と日頃から親しくなっておくことが一番です。

日頃から話しかけたり、LINEやSNSでやり取りしたりして、自然体で会話を楽しむことができる関係性が気付ければ、飲みに誘うことも自然にできるでしょう。