女性に騙されやすい男性の特徴。女性の言葉を鵜呑みにしてしまう!

最終更新日:2017年10月10日

女性と恋愛関係になっても、なぜかいつも女性に騙されてしまうという男性は、世の中にたくさんいます。

立派な大人であるにも関わらず、彼らはなぜいつも女性に騙されてしまうのでしょうか。

そこで、女性に騙されやすい男性に共通する、具体的な特徴についてまとめました。

1.好きになった女性の言葉を何でも鵜呑みにしてしまう

女性に騙されやすい男性は、好きになった女性の言葉を何でも鵜呑みにしてしまうという特徴があります。

彼らは、「自分が本気で好きになった女性は、皆、人間的に良い人だ」と信じて疑いません。

そのため、「好きになった女性が自分を騙すかもしれない」という発想が全くないのです。

その結果、相手の言葉を全て信じてしまい、最終的には騙されてしまいます。

そして、女性側もまた、そのような彼らの人の良さをいち早く見抜き、利用しているという場合がほとんどです。

そのため、女性に騙されやすい男性は、長い間利用されるだけ利用され、最後は女性に手痛く裏切られてしまいます。

2.「世の中には悪い人はいない」という発想で人付き合いをしている

女性に騙されやすい男性は、物事を「性善説」で考え過ぎてしまう傾向があります。

つまり、「世の中には、根っからの悪い人はいない」と信じ、その発想で人付き合いをしています。

そのため、「世の中には、男性を平気で騙す女性がいる」という危機感が全くありません。

その結果、最後は女性に騙されてしまうことが多いのです。

ある程度の年齢の大人になれば、「世の中には、人を騙す人間がいるから、気をつけなければならない」という危機感が生まれてきます。

そして、付き合う人間を厳選するようになってくるものです。

しかし、女性に騙されやすい男性は、「自分の元に集まる人たちは、皆、良い人たちだ」と信じて疑わないため、「来る者は拒まず」という姿勢で人付き合いをしています。

この人の良さを、女性側に見抜かれてしまい、騙されてしまうようになります。

3.ハッキリと自分の意見を言うことができない

女性に騙されやすい男性は、性格が優し過ぎるため、人に対してハッキリと自分の意見を言うことができません。

何でも相手に合わせてしまうため、女性側から見下されてしまい、最終的には良いように利用されてしまいます。

特に、彼らは「断る」「拒絶する」ということが苦手です。

そのため、女性から嫌なことをされたり、嫌なことを頼まれたりしても、拒否することができません。

その結果、我慢に我慢を重ねながら、主導権を女性に奪われてしまい、最終的には利用されてしまいます。

優しい性格は決して悪いものではありませんが、それが原因で足元を見られてしまうこともあります。

その結果、女性側から「この人は何でも自分の言いなりになってくれる」と思われてしまい、騙される結果になってしまいます。

4.過去の恋愛経験が極端に少ない

女性に騙されやすい男性は、過去の恋愛経験が、他の人よりも極端に少ないという特徴があります。

このタイプの男性は、女性と深い付き合いをした経験が乏しいため、恋愛というものを必要以上に美化してしまう傾向があります。

「愛し合う」ということの素晴らしさにばかり目を向け、相手の女性に全く疑いの目を向けないため、女性が持つ計算高さを見抜くことができません。

その結果、最終的に騙された挙句に、女性に逃げられてしまいます。

女性が持つ計算高さを見抜くには、ある程度の恋愛の経験値が必要です。

女性に騙されやすい男性は、人が良過ぎたり、恋愛経験が少なかったりすることが原因で、好きになった女性を疑うことができません。

自分の意見をハッキリ述べることや、「断る」「拒絶する」ということか苦手であるため、女性の思惑に流されてしまうという特徴も持っています。

残念ながら世の中には、平気で男性を騙す女性も存在しています。

そのような女性の被害に遭わないようにするためにも、自分の考えは常にハッキリと述べるようにしなくてはなりません。

いくら本気で好きになっても、相手の女性が他人である以上は、心を許し過ぎないようにする危機感を持つことも大切です。