会議で上手に発言する人は会議の前の準備を怠らない!

最終更新日:2017年9月5日

社会人にもなると、出席しなければならなくなるのが会議です。

場合によっては自分よりも偉い人ばかりと同じ会議に出なければならないこともあり、うまく自分の言葉で話すことができない人もいるのではないでしょうか。

しかし、会議に出席している以上、何らかの発言はしなければならないのは当然であり、できれば他の人の印象に残るような発言をしたいですよね。

では、このような会議の場で発言するためには、どのような準備が必要なのでしょうか。

今回は、会議で上手に発言する方法を紹介していきます。

1.自分の考えを用意しておく

会議で上手に発言するために必要なのは、自分の考えを用意しておくことです。

会議にもスタイルは様々なものがあり、予め話す人間がきまっているもの、上司からの指名で話す人間が決められていくものなど様々なものがあります。

しかし、会議に参加しなれていない人は、どのような雰囲気なのかを掴むことができずに、会議の場に適応出来ないことも多いのではないでしょうか。

このような場合に必要となるのは、自分の考えを用意しておくことです。

大抵の会議であれば、事前に議題が通知されており、どんな話題について話すのか、どのような意見が必要とされるのかを把握しておくことが出来ます。

そのため、もし、自分に発言権が回ってきてもいいように、自分の考えを用意しておくといいでしょう。

ここで何も考えずにただ座っているだけの人は、指名された時に困ってしまい、会議の場において上手に発言することができなくなってしまいます。

2.人の話を聞いておく

会議の場において上手に発言するために大切なことは、人の話を聞いておくことです。

会議では様々な人が色々な事を話しますが、基本的にはどれも大切なことです。

そのため、自分に発言権がない場合であっても、話を聞いておく必要があります。

また、大事なポイントはメモをきっちり取っておくなどして、誰が、どのような発言をしたかは、把握しておく必要があります。

なぜ人の話を聞かなければならないのかといえば、この意見を参考に自分の意見を話さなければならないからです。

会議の場においてよく言われることは「〇〇君はどう思う?」といった問いかけです。

この問いかけに対して、話を聞いている人であれば上手に回答することができますが、話を聞いていない人は回答に困ってしまうことでしょう。

このように、自分の番ではない場面でも緊張感を持ち、準備しておくことが大切です。

3.結論から伝える

会議で上手に発言するために大切なのは、結論から伝えることです。

理由としては、結論から伝える方が相手がわかりやすく、情報が伝わりやすいからだと言えます。

会議の場などで発言が下手な人は、ダラダラとした説明に時間を割き、結局何を伝えたいのかがいまいちわからない人が大勢います。

すると、発言が下手な人と認識されてしまうことが多く、評価は下がってしまうことでしょう。

一方で、結論から伝えることができる人であれば、賛成か反対かがはっきりとわかりやすく、その後の説明も、賛成の立場からの発言か、反対の立場からの発言なのかが伝わってくるのです。

以上の理由から、結論から伝える事は大切なことであり、会議の場においては、周りの参加者に自分の意見を伝わりやすくすることができます。

会議の場において発言を上手に行いたいのであれば、話す準備が必要となります。

特に、他の参加者の話は十分に聞いておく必要があり、他の参加者の意見から、自分の意見が作られていく場合もあります。

会議の場で発言が下手な人は、自分が話していない時には気を抜いてしまっています。

話すことと同様に、聞くことも大切なことであるということを意識するといいでしょう。