彼女と上手に別れる方法。悪者になることを恐れないこと

最終更新日:2017年9月25日

付き合っていた彼女と別れることになってしまった。

理由は様々ですが別れる以上は上手に別れないと後々トラブルになることがあります。

今の彼女と別れて次の恋愛に早く歩み出すために必要な、彼女と上手に別れる方法を紹介します。

1.別れは段階的に伝える

彼女と上手に別れる方法は、完全に別れるまでに数クッション置いて面倒でも時間をかけて完全に別れることです。

いきなり「もうおしまいだ。

別れよう」と突発的に別れを伝えれば修羅場確実です。

もしその場で彼女が了承したとしても、あなたが衝動的に別れを口走ってしまっただけで本当は復縁の可能性があるんじゃないかと彼女に期待を残すことになります。

別れたあとで「考え直してくれない?」「もう一度落ち着いて話し合わない?」という連絡を貰い続ける可能性があり厄介です。

嫌な思いをするかもしれませんが別れる予定より前から、「一緒にいても楽しくない。

辛い」「改善しようとしたけど無理だ」というように別れの気配をきちんと相手と共有しましょう。

2.悪者になることを恐れない

彼女と上手に別れる方法は、別れるからには自分がいい格好をしようとしないことです。

大げさにはなりますが別れた後はそれぞれ別の人生があり、別の恋人と幸せになるのが目標です。

お互いの未来の為にも、あなたがその場で一時的には罵られたり怒られたりしても、悪者になることを受け入れましょう。

時間が経てば彼女の中でも怒りは収まります。

3.フェイドアウトは禁物

彼女と上手に別れる方法でフェイドアウトしていつ別れたかはっきりしない別れ方は楽な様でいて得策ではありません。

お互いに気持ちの整理がしづらい上にいつになったら新しい恋人を作っても後ろめたくないのかなどもはっきりしません。

きちんと話をしないといつの間にかあなたが一方的に連絡をよこさない間に浮気したと全責任を押し付けられる可能性があります。

それに、彼女側が別れに納得していない場合いつまで経っても復縁に含みを持たせている状態になってしまいます。

4.呼び方を変える

彼女と別れた後会うことが無くなれば、その間にお互い整理が付きいずれは新しい恋人ができてそれまでの旧い関係は過去の物となりますが、同じ職場、同じ学校など顔を会わせる機会がまだあり、それなりに気まずいながらも表面上交流しなければならないパターンも多くあります。

そんな時は、もう以前の恋人関係じゃないことをはっきりさせる為呼び方を変えましょう。

名前やニックネームで呼んでいたなら、苗字やさん付けに変えるのです。

冷たく感じるかもしれませんがお互いの未来を考えるなら仕方の無いことです。

場合によってはタメ口から敬語に戻すのもいいでしょう。

言葉遣いは意外と重要な物でそうしてあえてよそよそしくすることでお互いの心の中の情も薄らいでいくものです。

5.周囲に別れたことを宣言する

彼女と上手に別れる方法で、特に共通の友人がいる場合に有効なのが別れた時点ですぐに友人に別れました宣言をして周知させてしまうことです。

別れを第三者から見て既成事実化することで復縁の期待もゼロになるし、周囲がおせっかいを働いて仲直りさせようと動くのも阻止できます。

それにふたりの関係が終わってお互いフリーになったということが周囲に知れ渡ればその分新しい恋愛のチャンスが生まれます。

お互いが新しい恋愛に心が動けばもう過去の恋愛に捉われることもなくなります。

いかがでしたか。

男女の別れというのはつらいものです。

人によっては付き合い始めるのは簡単だったけど別れるのに神経をすり減らしたという人もいます。

彼女と上手に別れるには、その場では辛い思いをしたとしても本音ではっきり別れの意思を伝えて復縁の可能性を断ち切ることがお互いの為になります。

そして、たとえ破局するとしても一定期間交際した彼女ならあなたのその気持ちを理解してくれるはずです。