彼女いないアピールをする男性の特徴は遊び人!?

最終更新日:2017年9月23日

別に人前で口に出さなくても良いのに、わざわざ彼女いないアピールをしてくる男性がいます。

彼らは、どのような心理でそのようなアピールしてくるのでしょうか。

そこで、彼女いないアピールをしてくる男性の特徴についてご紹介します。

1.長年彼女がいないため、寂しさが限界に達している

彼女いないアピールをする男性は、彼女がほしいのに長年彼女がいないという人が多くなります。

そして彼らは、彼女がいないという寂しさが限界に達してしまっている可能性があります。

それゆえ、「今、自分に彼女がいない」ということを少しでも多くの人に知ってもらい、彼女を作るチャンスを増やしたいと考えているのです。

言い換えれば、寂しさが暴走して、焦ってしまっていると言えるでしょう。

このタイプの男性は、「自分の彼女になってくれるなら誰でも良い」という気持ちになっているため、行く先々で彼女いないアピールを続けます。

そして、少しでも脈のありそうな女性を見つけたら、しつこくアプローチしてくる傾向があります。

2.多くの女性からモテたいと思っている

モテる雰囲気があるにも関わらず、わざわざ彼女いないアピールをしてくるという男性も、世の中には多くなります。

このタイプの男性は、かなり自分に自信を持っています。

そして、女性たちに対して、「自分は魅力的であるにも関わらず、特定の彼女を作っていない」ということをアピールし、より多くの女性からモテようとしています。

このタイプの男性は、必死で彼女を作ろうという目的で彼女いないアピールをしているわけではありません。

そのため、どこか余裕があるということも特徴です。

彼らの目的は、彼女を作ることよりも、あくまで「多くの女性からモテて、満足感を得ること」です。

3.相手の女性に好意を持っており、脈があるかどうか探りを入れようとしている

彼女いないアピールをする男性の中には、「特定の女性に対してだけそれを行う」という人もいます。

この場合は、相手の女性にかなり好意を持っていると考えられます。

しかし、あからさまな態度を取ってしまうと、自分の好意が相手にばれてしまいます。

そのようなことになったら、自分が傷ついたり恥をかいたりする結果になります。

そこで、その女性に対して彼女いないアピールをし、相手の反応を引き出そうと考えているのです。

このタイプの男性は、どちらかと言うと「人に探りを入れるタイプ」であると言えます。

ストレートに自分の思いを伝えて傷つくことを恐れているため、自分への被害を最初限度に抑えようという計算が働いてしまい、そのような行動をとってしまいます。

しかし、そのまわりくどい態度に対して、女性側が気分を害してしまうというケースも少なくありません。

4.コミュニケーションが苦手

男性の中には、コミュニケーションが苦手で、自分の本音をなかなか伝えることができないという悩みを抱えている人も少なくありません。

このようなタイプの男性がある特定の女性を好きになったり、或いは、「彼女がほしいけれど、どうしたら良いかわからない」という悩みを抱えるようになった場合、彼女いないアピールをしてくることがよくあります。

このタイプの男性は、「今自分に彼女がいない」ということをとりあえずアピールすることで、「自分はいつでも女性を受け入れることができる状態にある」ということを知ってもらおうとしています。

ただ、コミュニケーションが苦手であるがゆえに、その後の展開がなかなか進まないという結果になることも多くなります。

彼女いないアピールをする男性は、「彼女がほしい」「モテたい」、或いは、「特定に女性に対して好意を持っているけれど、どうアプローチしたら良いかわからない」というケースのいずれかに当てはまることがほとんどであります。

しかしいずれにせよ、自分の素直な気持ちをストレートに伝えず、彼女いないアピールばかり続けていても、残念ながら良い展開には発展しません。

彼女いないアピールは、「探りを入れて相手を試す」という行為だからです。

やはり、彼女いないアピールで相手に探りを入れるよりも、自分の気持ちを素直に伝えた方が、女性と良い関係を築けるようになるでしょう。