結婚できない男性の特徴。不潔でマザコン気質がある!

最終更新日:2017年10月2日

結婚したくてもなかなか結婚できないという男性は、自身が結婚できない男性の特徴に当てはまっていないか一度確認してみると良いでしょう。

結婚できない男性にはどのような特徴が見られるのか、女性が懸念しがちな特徴も含めてご紹介します。

1.不潔な男性

まずは見た目によって結婚できないという男性のケースです。

お風呂に何日も入らない、爪を伸ばしっぱなしといった本当に不潔と感じる男性も当然含まれますが、「だらしなさ」が相手に伝われば、不潔と見なされてしまうこともあります。

例えばボタンが取れ掛けたままになっている、服に汚れがついているのを気にしていない、ボロボロの靴を履いているなど、自分では気にしないつもりでいても、女性から見た時に不潔と感じるポイントになってしまいます。

最低限、不潔と感じられないよう、身だしなみを整えること、だらしない点は改善することを心掛けるだけでも、見た目は大きく変わってくるでしょう。

2.没頭しているものがある男性

例えば趣味を持っていて、何よりも優先し大事にしている場合は、恋愛がおろそかになってしまうことがあります。

趣味や没頭するものがあるということは素敵なことですが、一緒になった女性は物足りなさを感じることでしょう。

初めのうちは「好き」な気持ちがあり男性の没頭する姿を気にしない女性は多いですが、徐々に慣れてくると、「相手にされない」「私よりも大事な物があるんだ」と寂しさや不安を抱くようになります。

それによって、「結婚しても大事にしてもらえなそう」というイメージがついてしまい、結婚までには至らないこともあります。

恋愛は普通にできていても、結婚にまでは至らないという場合は、こうした理由がある可能性があります。

すべて女性優先にしなければならないというものではないですが、関心や興味が自分のことだけになってしまえば、女性は離れていってしまいます。

3.マザコンな男性

母親を大事にする男性、母親に依存したり執着する男性とではまた違います。

誕生日にプレゼントしたり、母親とたまに出かけるといった行動であれば、女性は「大事にしていて素敵な男性」という印象を持つかもしれません。

しかし母親との関わりが過度なものになってしまえば、それはマザコンと見なされてしまうでしょう。

例えば休日は母親と必ず一緒にショッピングに出かける、何かあるとすぐに母親に電話をして相談し決めてもらう、母親に言われたことが絶対であり、それが彼女の意見と違う場合は母親の意見を聞き入れてしまうなど、男性が母親に依存し執着している場合は、マザコン男性だと思われて懸念されてしまいます。

女性は結婚を考えた時、男性と二人だけの生活を見ているのではなく、広い視野で見ていることが多く、身近な存在の母親に依存しているパートナーを持ってしまっては、自身が後々辛い思いをする可能性があると判断してしまいます。

大切にすることと依存することではまた違った意味を持ち、女性から「この人との結婚はないな」と思われてしまう原因です。

同時に自立していないと思われてしまうことで、結婚を考えられない女性が多いのです。

4.定職に就いていない男性

自分の夢を追いかけるために、あるいは好きなことが見つからないという理由で、定職に就かないというタイプの男性には、女性は当然将来への不安を抱きます。

いくらイケメンでも、いくら性格が良くても、「将来ちゃんと生活していけるだろうか」「私がずっと仕事しないといけないのかな」という不安を抱えたままでは結婚を決断できないでしょう。

好きなことを自由にバイト程度に仕事している男性よりも、耐えながらも毎日頑張っている男性の方が、結婚したいと女性に思わせることができます。

結婚を考える年齢に差し掛かってきたら、女性に不安を与えないためにも、定職に就くことを検討してみましょう。

「あの人イケメンなのにな」「あの人性格すごくいいのに」と思っていても、不思議と結婚できないでいる男性が周りにいないでしょうか。

もしかしたらこうした特徴を備えもっている男性の可能性もあり、深く関わってみないと分からない問題点もあるものです。

自身が「なぜ結婚できないのか」と悩んだり焦ったりすることがあれば、一度こうした特徴が自身にないかを確認してみると、改善することで結婚できるようになるかもしれません。