心が狭い男性の特徴。他人に厳しく自分に優しい!

最終更新日:2017年10月4日

こんな小さなことで怒るの?大したことがないのに騒ぎすぎ、このように感じる男性に出会うこともあるのではないでしょうか。

些細な出来事で怒る人もいれば、広い心で許してくれる人もいることでしょう。

では、小さな事でも怒ってしまう男性には、どのような特徴があるのでしょうか。

今回は、心が狭い男性の特徴をご紹介していきます。

1.自分と違うことを許さない

心が狭い男性の特徴として、自分と違う事を許さない傾向にあります。

世界には様々な人がおり、自分の考えと違う人と出会うこともあるでしょう。

普通であれば、その違いを受け入れ、双方が納得できる状態を作ろうと努力するはずです。

しかし、心が狭い男性は自分と異なる意見に厳しく、自分が正しくて他の意見は間違っていると思いがちです。

そのため、自分と少しでも意見が違うと怒り出したり、非難したりするので、そのような様子を見て、周囲の人は心が狭い男性だと認識します。

2.他人に厳しく自分に甘い

心が狭い男性の特徴として、他人に厳しく自分に甘い場合がよくあります。

他人の失敗などに対しては文句を言ったり、きつく当たったりするのですが、自分のミスは笑って誤魔化そうとしたり、なかったことにしようとしたりします。

とにかく他人に厳しく、自分に甘い面が多いのです。

このような人は自分のことが非常に大事であり、他人の事をよく思っていません。

そのため、他人の失敗はここぞとばかりに叩き出し、自分が優れている、他人のミスを指摘できる自分は偉いと勘違いしています。

他人に厳しく自分に甘い人は他人を叱責することが偉いと思い行動していますが、実際は心が狭いだけであり、自分に厳しくできない人間でもあります。

3.人の意見を聞かない

心が狭い男性の特徴としては、人の意見を聞きません。

自分の思ったことが全てである、正解であると言った認識があるので、他の人の意見を聞こうという姿勢がないのです。

そのため、他の人が弁解したり、説明したりするのを許さず、自分の物差しだけで物事を判断する傾向にあります。

また、心が狭い男性は、例え他の人が正論を言っていたとしても聞き入れないことがほとんどです。

自分が間違っている事を認めたくない、自分は正しいことをしているんだ、という意識が強すぎて、排他的になっている部分もあります。

このように、心が狭い男性は人の意見を聞き入れず、自分が正しいと思いこんでいる事が多いのです。

4.心に余裕がない

心が狭い男性の特徴として、心に余裕がありません。

心に余裕がある人は、他人のミスも許すことができたり、多少の失敗は多目に見てあげることができたりと、他人に対して許容する気持ちを持っています。

しかし、心に余裕がない人は他の人の事を考える余裕がなく、いつも自分で精一杯です。

そのため、他人がミスをしたら自分の責任になるかもしれないので怒ったり、対して問題もないのに必要以上に相手を責めたりといった行動を取りやすくなります。

このような出来事は本人に余裕が無いからであり、想像していない出来事が起こることに耐えきれないこともあって、心が狭い男性になってしまいます。

心が狭い男性に多いのは、自分勝手であるということです。

他の人に対する配慮が少なく、相手の気持ちを考えることもあまりできません。

自分が良ければそれでいい、自分は責任を負いたくない、などと考えていることが多く、その姿勢が態度にも出やすいといえます。

また、心が狭い男性は、ミスに対して非常に敏感です。

大したことがないものでも過剰に反応してしまうような人は、心が狭い男性である可能性が高いと認識しておくといいでしょう。