めんどくさい男性の特徴。優柔不断でうんちくが長い!

最終更新日:2017年10月2日

みなさんの周囲にめんどくさい男性はいませんか?

世の中にはそこそこモテていい人なんだけどちょっとめんどくさいんだよね、という人からめんどくささが致命的で全くモテない男性もいます。

それでは女性から見ためんどくさい男性とはどんな男性なのでしょうか?ここではめんどくさい男性の特徴を紹介します。

1.優柔不断で物事をスパッと決められない

めんどくさい男性でよくあるのは、優柔不断で物事をスパッと決められない男性です。

結婚する、彼女の両親に挨拶するというくらいの一大イベントの場面で多少優柔不断になるのは仕方ないにしても、ランチを洋食にするか和食にするか程度の簡単なこともなかなか決められずに、デートの度ごとに昼時のレストラン街を何周もするような優柔不断さは、女性にとってめんどくさい以外の何物でもありません。

2.マイナス思考で常に女々しい

マイナス思考で常に女々しい男性も、めんどくさい男性と思われてしまいます。

男性だからといって常に女性の前で無理して逞しくしている必要はありません。

しかし、気の置ける彼女の前だからといって「俺なんかダメな人間だ」「いつも君に迷惑をかけてごめんね」「あの時俺が〇〇していれば…」などとマイナス思考の塊になっている時に一緒にいる女性はもっとめんどくさい思いをしています。

いつまで経っても一生懸命慰めたり励ましたりし続けるのはめんどくさいです。

3.うんちくが長い

博学な男性に多いのが、うんちくです。

電車に乗ったり、レストランで料理が出てくる度にトリビアを披露したり、最初のうちは「へ~、物知りだね」と会話の糸口になりますが度を越すとただ男性が自分の知識アピールをしているだけになり、女性は聞いて感心している振りを続けるのがめんどくさくなります。

最終的には会話をするのもめんどくさい男性となってしまいます。

4.気分屋で急に機嫌が良くなったり悪くなったりする

気分屋の男性はめんどくさいです。

さっきまで機嫌よくしていたのに、些細な事柄がきっかけでいきなり不貞腐れたり、デートが台無しになるくらいわがままを言い始めたりするとその日がめんどくさい日になるのはもちろんのこと、その後もめんどくさい男性になります。

つまり、次回のデートでも、この男性は怒らせると厄介だからデリケートな話題を避けて接しないとと、女性側に気を使わせてめんどくさい思いをさせてしまいます。

5.無駄なこだわりが強い

こだわりを持って生きている男性はかっこいいものです。

ただ、ひとりよがりの無駄なこだわりを周囲に押し付ける男性は途端にめんどくさい男性になります。

休憩する喫茶店を探すのに「エスプレッソを出す店にしか入らない主義だから」とこだわりを見せたり、誕生日に服をプレゼントする為に店を周っている時に「服はオーガニックコットン100%しか身に付けない主義だから」などとかたくなになると、一緒にいるほうがめんどくさいと感じます。

しかも大概の場合、そのこだわりは男性自身がこだわりのある男を演じる為のポーズで根拠に乏しいのもまためんどくさいです。

6.重たい愛情を注いでくる

付き合っている間にしろ、付き合う前にしろ女性の気持ちを度外視して重たい愛情を注いでくる男性はめんどくさいです。

派手なことが好きでない女性に対して、花束をプレゼントして自宅に持ち帰る間恥ずかしい思いをさせたり、人前で「愛してるよ。

君は?」と迫ってきたりキスをしてきたりというように反応に困るような重たい愛情を注いでくる男性は例えその気持ちが本物でもやっぱりめんどくさい男性です。

いかがでしたか。

めんどくさい男性とは相手の女性のことを考えずに気分で行動したり、過剰な自己アピールをする男性だということがわかります。

男性のみなさんは自分がめんどくさいと思われていないか定期的に客観的に自分を見つめ直しましょう。