元カノと復縁するためには友人の協力が重要!

最終更新日:2017年9月20日

彼女の良さは、別れて初めて気がつくこともあると思います。

しかし、別れてしまうと中々復縁するのは難しい点があり、ヨリを戻すより新たな出会いを求めがちになりますが、

本当にヨリを戻したいなら諦める前にやるだけの事をやって、次のステップに向かうのがオススメです。

ここでは、元カノと復縁するための3つの方法をご紹介します。

1.元カノとの連絡手段を有効活用する

元カノとの連絡手段がある場合、そのツールを最大限に使用することが復縁への第一歩です。

メールやSNSなどを利用して、現在の元カノの交際状況を確認するという方法がありますが、いきなり彼氏がいるか聞くとヨリを戻したい目的がバレバレになり、あまり良い結果を招かない為、最初は久しぶり感を出し挨拶程度にするのがオススメです。

できれば、軽い連絡のやり取りを数回繰り返していき、その中で元カノの反応を見て、嫌がっているのが明らかな場合は、それ以上連絡しない方が無難です。

嫌がっているか判断がついていない限りは、数回連絡を取り、様子を見て彼氏がいるか聞いてみます。

彼氏がいない時には、その場ではなく数日後に電話をして、会う約束をするのが理想的です。

ヨリを戻したいという話をする時は、実際に会った方が元カノの反応が分かりやすいというメリットや、交際していた頃を思い出しやすいので、会って話をすることが大切です。

2.共有の友達に協力してもらう

元カノと自分との共有の友達がいる場合、復縁したい時には大きな味方にできます。

友達に、元カノの今について聞いてもらったり、一緒に会う約束をとりつけてもらうなど、仲人的な協力をしてもらうのがオススメです。

しかし、この場合は友達と自分や元カノとの関係性がポイントになるので、元カノの友達に協力を依頼するのが理想です。

元カノの友達ではなく、自分の友達に協力してもらう時は、ヨリを戻したがっているという話をしてもらう方が良い結果になりやすいです。

3.ダイレクトに復縁を求める

ダイレクトに復縁を求める方法は、昔から行われている基本的な手段ですが、回りくどいことをしないで、復縁できるかできないかハッキリした答えを直ぐに求めるなら良い方法です。

この方法は元カノと別れる時、自分が言い出した場合に有効的な方法です。

元カノから別れを言い出したケースだと、復縁できる確率は下がりますが、相手も別れてから彼氏の良さに気がつき後悔している可能性もあるので、復縁を断られる事を恐れず向かっていくのがオススメです。

ダイレクトに復縁を求める時、シチュエーションの工夫をすると、元カノの気持ちを自分に向けられるかもしれません。

例えば、2人の思い出の場所やお店などがある場合、そういった所に行って復縁の話をすると、元カノの気持ちを揺らす効果的な方法の一つになります。

思い出の場所に行く時、待ち合わせ場所は別の所にしておくと、思い出の場所に到着するまでの間色々な話ができて、元カノの現在の状況も入手しやすくなり、その先会話の展開が運びやすくなります。

また、ドライブをしながら運転中に復縁の話をするのは、避ける事がオススメです。

大切な話は集中していた方が良いので、なるべくゆっくりした環境で復縁を求めることが大切です。

元カノと復縁をしたい時、絶対にやってはいけないのが、いきなり元カノの自宅に行く行為です。

また、元カノの自宅前で帰宅を待ったりすることも、悪い結果を招きかねないので避けることが無難です。

元カノと復縁したい気持ちが強いと、色々な手段で接近するケースもありますが、別れているということは赤の他人と一緒なので、あくまでも元カノのプライベートや、プライバシーなどを侵害しない配慮が重要です。