脈あり女性からのLINEの特徴は返信が早く回数が多いこと!

最終更新日:2017年9月8日

気になっている女性が脈ありかどうか気になる男性は多いことでしょう。

どんなサインが脈ありなのか、反対に脈なしなのかというポイントは、ぜひとも抑えておきたいところですよね。

そんななかでも、脈あり、脈なしの判断がし易いものが、LINEとなります。

女性から送られているLINEには、実は様々な心理的要因が隠されているのです。

今回は、脈あり女性からのLINEの特徴を紹介していきます。

1.返信の早さ

脈あり女性からのLINEの特徴としては、返信の早さがポイントになります。

脈ありの場合として多いのが、返信が早く返ってくることです。

目安は人それぞれではあるのですが、学生などは半日、社会人は1日を目安と考えるといいでしょう。

女性は興味のない男性にはあまり返信をしようとせず、興味のある男性にはできるだけ早くLINEを返そうとしています。

そのため、返信の早さは脈ありかどうかの判断になりやすく、早ければ脈ありの可能性があります。

2.やりとりの回数の多さ

脈あり女性からのLINEの特徴としては、やりとりの回数の多さがポイントです。

LINEで脈あり、脈なしの判断をする場合は文章の長さがよく話題となりますが、文章の多い少ないは人それぞれなのであまり判断材料にはなりません。

文章は少ないけどもスタンプは多い人などもいるので、重要なのは文章の量ではなく、やりとりの回数の多さです。

脈ありの女性の場合であれば、当然ながらやりとりの回数は多くなることでしょう。

一つの話題で終わらずに、次から次へと話題を変えながら話が続くのであれば、脈アリである可能性が高いといえます。

また、女性側から話を続けようと話題を提供してくるのであれば、更に脈ありの可能性が高く、少なくとも好意的であることは間違いありません。

一方で、話がすぐに途切れてしまう、反応が悪い、等の場合は、残念ながら脈ありではないでしょう。

LINEも会話のような物なので、長く続くほど親密であるといえるのです。

3.ハートの絵文字やスタンプがある

脈あり女性からのLINEの特徴としては、ハートの絵文字やスタンプが使われてきます。

女性は可愛いものが好きであり、ハートを多用する傾向にありますが、SNSなどとは違ってLINEではあまり使用しません。

理由としてはハートを使うことで男性に誤解されてしまうことが多く、好意も無いのにハートを使用したことで、好きであると勘違いすることを避けるためです。

そのため、多くの女性は男性に対してハートを使うことをしないのですが、ある程度の好意のある男性に対しては、ハートのスタンプなどを使用します。

しかし、勘違いしやすい場面として、ハートを普段から多用する女性もいるということです。

男性に向けたハートではなく、ただ単に可愛いからハートを使う女性もいます。

このような女性は誰に送るなどは考えずにハートを使っており、ハートであろうと普通の絵文字と同じ感覚で使用しています。

全ての女性に当てはまるわけではないので、ハートの使い方や頻度から、好意的なものなのか、普段の癖なのか見分けられるようにしておきましょう。

脈あり女性からのLINEを見分けるのは難しく、脈なし女性ほどはっきりとはわからないといえます。

ただ、既読無視をされない、反応が薄いなどではなければ、ある程度興味を示して貰っていると思って良いでしょう。

脈ありかどうか判断できる基準としては、やりとりの長さです。

興味がなければ早く話を切り上げたいと考えるので、雑談が長く続けば続くほど、脈ありの可能性を意識してもいいでしょう。

特に女性からLINEが始まる、話題提供される場合は、脈ありの可能性が高いといえます。