脈なし女性を見分ける方法3つ!脈がないならすぐに諦めよう!

最終更新日:2017年9月2日

男性が女性に対して気になることの1つが、脈ありかどうかです。

脈ありの女性であれば積極的にアプローチをかけたいと思いますが、脈なしだとわかったのであればさっさと手を引きたいですよねしかし、脈あり脈なしの判断は難しく、どっちかわからずに困ってしまうことも多いでしょう。

今回は、そんなお困りの男性のために、脈なし女性を見分ける方法をご紹介していきます。

1.返事が単調である

脈なし女性の特徴としては、返事が単調であることがポイントだといえます。

一般的に女性は感情面の発達が強く、喜怒哀楽を表に出しやすいといえます。

そのため、友人などと接している女性は元気に話していることが多く、仲が良い悪いかどうかは判断しやすいのです。

男性と接する際に置き換えても同じであり、親しくなりたい男性とはよく話し、喜怒哀楽を表に出そうとします。

一方で、興味のない男性に対しては自分をあまり出そうとしないので、返事が単調になったり、感情面に乏しい会話になってしまうことでしょう。

このように、返事が単調である女性は脈なしである可能性が高く、口数が少ない、言葉が短いなども脈なしであるといえるでしょう。

2.LINEなどの返事が来ない

脈なし女性の特徴としては、LINEなどの返事が来ないことがあげられます。

既読無視や返信がないなどは脈なしの可能性がほとんどであり、メッセージを送ってこないで欲しいと暗に伝えているのと同じだといえます。

既読無視などをされることはそうそう無いとは思いますが、もし既読無視に合った場合は、脈が無いと考えておいたほうが良いでしょう。

また、連絡頻度が少ない、返信まで時間がかかった上に内容が少ないなどの状態は、脈なしの可能性が高いといえます。

女性はLINEでもたくさん話しがしたいと思っている人が多く、脈アリの場合であれば返信が早く、文章をしっかりと届くでしょう。

残念ながら、文章があまりにもそっけなかったり、返信が1日、2日立たないと帰ってこないのであれば、その女性は脈なしだといえるのです。

3.二人きりになるのを避けようとする

脈なし女性の特徴としては、二人きりになるのを避けようとする傾向にあります。

友達としては歓迎するけど、と考えている人に多く、友達はよくても恋人にはなることができないと暗にしめしています。

友達と恋人は全くの別物であると考えている人は非常に多いので、二人きりになるのは恋人とだけだと思っている場合には、断られてしまいます。

また、このような場合のわかりやすい判断基準は、食事や遊びに誘った時に、他の友達を呼ぼうとすることです。

〇〇さんも誘って見るね、みんなで行きたいね、などと言われてしまった場合には、残念ながら脈なしであると考えたほうが良いでしょう。

友達として接しているから恋人まで発展することが出来る、ということは誰にでもあるわけではなく、恋人と友達に明らかな区切りがある人の場合には、二人きりになるのを避けられてしまいます。

そして、このような状況になったのであれば、多くの場合あ脈なしだといえるでしょう。

脈なし女性の特徴としては、無関心であることが多いといえます。

自分の興味のないものには接しようとしないので、返信が遅い、会話が楽しくない、などと非常にわかりやすいといえます。

しかし、場合によっては、親しいけれども脈なしの場合もよくあります。

友達としては付き合うけども、恋人としては無理という場合も多く、このような女性に対して男性は勘違いしやすいといえます。

脈なしかどうか判断するためには、二人きりで食事や遊びに誘ってみるのが有効であり、断られてしまったのであれば、脈なしと判断したほうが良いでしょう。