女友達が多い男性の特徴。女性であることを意識しすぎない

最終更新日:2017年10月9日

友達の数を数えてみた時に同性が多いでしょうか、それとも異性が多いでしょうか。

一般的には同性の友達が多い人がほとんどであり、異性の友達はほとんどいない、同性と比べると明らかに少ない人も多いことでしょう。

では、このような傾向のあるなかで、異性の友達が多い人はどのような特徴があるのでしょうか。

今回は、女友達が多い男性の特徴をご紹介していきます。

1.女性であることを意識しすぎない

女友達が多い男性の特徴として、女性であることを意識しすぎいません。

どうしても性別によって人を区別しがちではありますが、女性だから、男性だからといった考えは人と仲良くなるうえで良いものとはいえません。

同性とは仲良くできても異性には遠慮してしまうことになってしまうので、できれば性別によって相手を区別することは避けたほうが良いでしょう。

女友達が多い男性は性別で区別するのではなく、一人一人を別物だとして接しています。

男性、女性ではなく、AさんやBさんのように判断しています。

そのため、女性だからといって過度に遠慮すること無く、男性と同じように振る舞うことが出来るので、女性であっても友達を多くつくることができます。

2.女性の話をしっかりと聞ける

女友達が多い人の特徴として、女性の話をしっかりと聞ける男性だといえます。

女性は話すことが好きな人が多く、少しあっただけでもたくさんの話をしたいと考えています。

一方で、男性はあまり話すことが得意でない人も多く、女性と会った時に何を話していいかわからない、面白いことが言えないからと卑屈になりがちです。

しかし、女性と仲良くしていくうえで必要なのは、どちらかといえば聞くことです。

女性側から話してくれることが多いので、相槌や質問などを重ねていくことで話は盛り上がっていきます。

自分の話すことができる話題が来れば話をすればいいのであり、別に面白いことを言う必要はないのです。

このように、女友達が多い男性の特徴として、女性の話をしっかりと聞けることがあげられます。

どんな内容でも楽しく話せるようにこころがけることが大切です。

3.SNSを駆使している

女友達が多い男性の特徴として、SNSを駆使しているといえます。

SNSは現代では一般的になっており、LINEやTwitterを使用している人は多いでしょう。

女性は話すことが好きなのはもちろん、SNSを使うことが好きな人も多いといえます。

そのため、SNSを駆使している男性は女性と話が合いやすかったり、普段からSNSを見てもらうことで、興味を持ってもらえることが多くあります。

また、LINEをよく使っている女性も多く、連絡手段ではなく会話の手段として使用しています。

LINEをこまめに返したり、返信速度が早い男性はそれだけでも評価が高く、相手に楽しいと思ってもらえる場合がよくあります。

このように、SNSを駆使している男性は女友達が多い傾向にあり、相手に合わせることが出来る男性は、友達が多くなりやすいのです。

女友達が多い男性の特徴としては、過度に女性であることを意識していません。

女性だと考慮することは大切ですが、あまりにも意識しすぎると不自然になってしまいます。

男性と女性で態度が違いすぎる人は逆に警戒されてしまい、友達になれない可能性もあります。

その他の点に関しては、話を上手に聞く事のできる男性が女友達が多いといえます。

女性と話す時には聞くことが基本になり、いかに会話を楽しく出来るかがポイントです。

話しかけても反応が薄かったり、適当に相槌を返しているような人よりも、楽しそうに真剣に話を聞いてくれている人のほうが、当然ながら仲良く出来るのです。