大人な男性の特徴。こだわりの趣味を持ち愚痴を言わない!

最終更新日:2017年9月29日

みなさんの周りにも、この男性は大人だなあと感じる男性がいるのではないでしょうか。

それは決して年齢的なものだけでなく、若くても大人の対応ができる男性がたくさんいます。

ここでは大人な男性の特徴をご紹介します。

1.オンとオフがはっきりしている

大人な男性はオンとオフの区別がはっきりしています。

仕事上で厳しく接している部下とプライベートで飲みに行ったときにはフランクに接するし、飲み会で意気投合したからといって仕事上でもなあなあで済ますことをしません。

公私混同をしないのが大人の男性の特徴です。

もちろん仕事を家庭に持ち込むこともしないので、どんなに仕事で忙しかったりうまく行かないことがあっても帰宅後や週末は家族と明るく過ごします。

2.自分に似合うファッションを心得ている

大人な男性はファッションセンスも大人です。

奇抜で自己主張の激しいファッションは既に卒業していても、決して地味に落ち着くこともなく、自分に似合うファッションを心得ています。

体型に合った仕立てのいいシャツや、シンプルな見た目でも上質な素材を取り入れたりと、背伸びしないけれど落ち着きを感じさせるファッションセンスを心得ています。

3.こだわりの趣味を持っている

大人な男性は、仕事、家庭、友人関係とは別に自分なりのこだわりの趣味を持っています。

もちろん友人や家族と共有するケースもありますが、日常とは別の誰とも競争しないタイプの趣味を持つことで精神的な落ち着きを維持する方法をわきまえています。

例えば、書斎にこもって模型を作ったり、登山したり、釣りをしたりして、日常の中に落ち着きの時間を作っています。

4.愚痴を言わない

大人な男性は愚痴を言いません。

「会社の環境が悪いせいでプロジェクトがうまくいかない」「上司が無能だから」「運に見放されたせいで失敗した」というようなセリフは大人の男性からは聞かれません。

たとえ状況が悪くても悪いなりに自分ができることを精一杯やり、ダメならダメでそれに最善の対処をするという世の中の大人の役割に徹しています。

5.ちょっとのことで慌てない

大人な男性は不測の事態に慌ててパニックになって、ミスを犯したりフリーズしてしまったりということはまずありません。

常に冷静で、トラブルにも落ち着いて最善の対応策を練ります。

慌てて行動してミスをする危険性を経験上把握しているのがひとつと、元々の人生経験で起こりうるトラブルをすでに想定しているので対応できるという理由もあります。

6.感情的になって怒らない

大人な男性は、激高して周囲に怒鳴り散らしたり、感情的になって不貞腐れて物事を投げ出したりしません。

上記の慌てない特徴と同じように、人生経験から冷静さを失わないように行動するメリットを把握していることがあるし、そもそも行動の前に一呼吸置いて考えてから行動するので、一瞬カッとなっても行動する前に自分を制御しています。

もちろん、強く叱ることで効果がある場面などはきちんと把握しているので、感情的にではなく論理的に怒ることは場面に応じて使っています。

7.周囲に分け隔てなく気配りする

大人な男性は、飲み会の場で自分が盛り上がりの輪の中にいても、端っこでつまらなそうにしている人がいたら、その人が話題に入れるように話題をコントロールするなどのテクニックに長けています。

子供っぽい男性は、楽しいことがあればそれに一直線になって視野が狭くなりがちですが、大人な男性は周囲への気配りをする自分の大人な役割を把握しています。

飲み会以外でも、職場や家庭でも全員を見渡すことができるポジションを取って大人な対応を心がけています。

いかがでしたか。

大人な男性は、ある程度の社会経験と視野の広さに裏打ちされた、周囲への気配りや、トラブル回避のテクニックを持った男性だということがわかります。

そしてそれが男性としての大人の魅力に繋がっています。

男性の皆さんも、年齢に関係なく大人の魅力を出せるように日ごろから気配りを忘れないようにしましょう。