プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違いは何?

最終更新日:2015年1月6日

会社の役職名で、「具体的に何をする人なのか」という定義付けが混同されやすいものの1つとして、プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーがあります。
この2つは一見、同じのものであるかのように勘違いされることが多いのですが、実際には全く違うものです。

では、この2つがどのように違うのかご紹介します。

1.プロジェクトリーダーは「現場責任者」

プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーは、同じ管理職ですが、プロジェクトリーダーは、現場全体を自ら監督し、プロジェクトの成功のために、先頭に立って動く役割を持っています。
「現場責任者」「現場監督」が、プロジェクトリーダーに当たります。

現場には、技術者がたくさんいますが、その技術者たちを取りまとめ、プロジェクトをどのような方向へ導くべきなのかを判断し、指示を出すのがプロジェクトリーダーです。
従って、現場の状況がどのように変わっていくかは、プロジェクトリーダーの判断力と統率力にかかっていると言っても過言ではありません。
もし、プロジェクトリーダーの判断が間違っていたり、現場の人達をまとめきれなかったりした時は、プロジェクトが総崩れになるということもよくあるのです。

2.プロジェクトマネージャーは「現場全体の管理者」

プロジェクトリーダーが、「現場に付きっきりで指示を出す人」であるとするならば、プロジェクトマネージャーは、「プロジェクト全体を見回し、滞るポジションがないように管理する人」です。

なので、現場に必要な専門的技術を持っていない人も多いのですが、その代わりに、より広い視野を持つことが求められます。

そのプロジェクトにお金はいくら必要か・現場をうまく回していくためには、どこの部署にどれだけの人員を配置すれば良いのか・プロジェクトを早く正確に完成させるためには、どのような工程で作業を進めていくべきかなど、プロジェクトを円滑に進めるための「裏方管理」を行っています。

そして、現場が滞ったり問題が生じたりしたら、プロジェクトリーダーと交渉し、流れを変えるための指示を出すのも、プロジェクトマネージャーの仕事です。
従ってプロジェクトリーダーとは、プロジェクトの現場そのものよりも、「プロジェクトに関わる人間」を動かす仕事であると言えます。

4.プロジェクトリーダーは、主に現場に関わる仕事に徹する

プロジェクトリーダーの仕事場は、現場です。
何かを運営したりという、ビジネス上の権限を持っていないのが特徴です。
開発や技術など、現場を自分の統率力で回すというのが、プロジェクトリーダーの仕事です。

その代わり、最優先すべき事項は「現場の推進」です。
プロジェクトには、会社から出される制約事項が付き物ですが、プロジェクトリーダーは、制約を気にすることよりも、プロジェクトをどんどん進めていくことを優先しなくてはなりません。
正に、「現場第一主義」の姿勢で仕事に臨むのです。

最近よく、若手をリーダーに抜擢する、という話をよく聞きますが、「若いうちに、生の現場を学び、責任を持って現場を動かすことを知らなくてはならない」と考えている会社が多いため、若いうちからプロジェクトリーダーの緊張感を経験させているようです。
常に変化し続ける現場において、即判断し対応できる力を養うことができるのが、プロジェクトリーダーの仕事であるとも言えます。

5.プロジェクトマネージャーは、会社と現場の間に立って調整することが主な仕事

プロジェクトを行う際、当然のことながら、予算など、一定の条件下で行わなくてはなりません。
しかし、現場はどんどん動いていきます。
そうすると、会社側と現場側に溝が生じてきます。

その溝を埋めるべく、間に立って奮闘しなくてはならないのが、プロジェクトマネージャーです。
言わば、「会社と現場の橋渡し役」です。

会社側の言い分・現場側の言い分の両方をきちんと把握した上で、どう調整することが1番ベストなのかを判断する力が求められます。
そして、どちらに味方することなく、プロジェクトを成功させるためのベストな調整方法を、冷静に判断し、指示しなくてはいけません。

大勢の人や利害関係の間に立たなければならない仕事であるため、時として、憎まれ役にならざるを得ない仕事であるとも言えます。

プロジェクトリーダーもプロジェクトマネージャーもなくてはならない存在

一見すると似たように見えてしまうプロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーですが、仕事内容から権限、果たすべき責任まで、全て違います。
この両者が円滑に連携を取れてこそ、プロジェクトが無事に成功するのです。

この両者のうち、どちらが上位の役職なのかは明確に決まってはおらず、会社によって大分違いがあります。
しかし1つだけ言えるのは、プロジェクトリーダーもプロジェクトマネージャーも、プロジェクトを問題なく進め成功させるためには、なくてはならない役職であるということです。