今の仕事に向いていないのではと思った時の対処法5つ。転職から再度の自己分析まで

最終更新日:2014年12月31日

自分にはどんな仕事が向いているのかを把握しているひとは案外少ないのかもしれません。
好きか嫌いかは分かりますがそれが向いているのか向いていないのかはなかなか自覚することは難しいかもしれません。
そう思った時、どう対処したらよいのかをご紹介していきます。

1.思い切って別の仕事にチャレンジする

勇気のいる行為ですが、今の仕事が向いていないと感じるようにやりがいを見いだせなくなったときは思い切って転職することも大事なのかもしれません。

年齢を重ねてからの転職はある程度リスクが生じるかもしれませんが、若いうちならば躊躇せずに転職してもマイナスになることはないでしょう。
今の仕事ではなくほかの仕事で自分に向いているものがあるような気がすると思った時は、仮に年齢を重ねていたとしてもリスクがあったとしても転職してみることをオススメします。

成功する人は失敗を恐れないとも言われています。
失敗を恐れないということはどんどん新たな挑戦に挑むことでもありますから、向いていないと思う仕事を続けるならば全く違う業種や興味のある仕事に思い切って転職してみましょう。

2.別の視点からの行動

同じ仕事でもどう取り組むのか、どの角度から見るかによって考え方が変わる可能性があります。
常に表からみるのではなく裏から見てみたらまた違ったやりがいや楽しみなどを見るけることが出来るかもしれません。

この仕事は自分に向いていないと思ったときこそもしかしたらチャンスなのかもしれません。
同じ仕事でも違った視点から見ることによって自分に向いていると思うかもしれませんし、今までよりももしかしたら仕事にやりがいを持てて出世に繋がるかもしれませんから、自分に向いていないと悩んでいる暇があるのならば違う視点から取り組むことも重要になることでしょう。

3.仕事は仕事として割り切る

誰もが自分に向いている仕事に就けるとは限りません。
自分に向いている仕事に就けるひとの数より自分に向いてるかわからないまま仕事をしているひとの数の方が多いのではないでしょうか。

もしその仕事が向いているのかわからず楽しくもなくてお給料も満足にもらえないような仕事ならば思い切って辞めるという手段もアリかもしれませんが、向いてるかは分からないけれどもある程度の役職をもらえてお給料も満足にもらえているのならば仕事と割り切ってしまうのもよいかもしれません。

人生仕事だけがすべてではありませんが、やりがいもありお給料も高く自分に向いている仕事を探す方が困難ですから今の仕事が向いているのか分からないか悩んでいるというレベルでしたらそこは仕事と割り切って続けて行った方がよいと言えます。
そして仕事以外で趣味を見つけたり、自分が楽しいと思えることを見つけてバランスを取ることが出来れば仕事と割り切って働くことが出来ることでしょう。

4.並行して資格などを取得する

現在の仕事が自分に向いているのかが分からないうえに転職する勇気も出ないときにはとりえあず、仕事は続けてあいている時間などに資格などを取得して自分自身をレベルアップさせることも大切になります。

勉強して損になることはありませんから、興味のあることは率先して勉強して資格取得などしておけばいずれ転職という選択を取った時に何らかの形でプラスになることは間違いありません。

自分に向いている仕事と実感できるのはなかなか難しいことですから、軽い気持ちで転職したとしてもまた自分に向いてる仕事なのだろうか、と悩んで同じことを繰り返してしまうというパターンもあります。
いきなり転職をするわけではなく、転職をする前にいろいろチャレンジすることも大切になることでしょう。

5.とことん悩んでみる

なぜ自分に向いてるかわからなかくなったのかをひも解いてみる必要もあるかもしれません。

今の仕事のどういうところが向いていないと思うのか、逆に自分にはどういった仕事が向いてると思うのかと、自己分析することも大切になりますので、ただ悩むのではなくとことん気が済むまで悩んでみるのもいいかもしれません。

結局一周してやっぱり自分には今の仕事が合っていると思うかもしれませんし、転職を決意するきっかけになるかもしれませんし、それはわかりませんが一度頭が痛くなるくらい悩んでみることも良いでしょう。

自分と向き合ってみたら新たな道しるべが出来る可能性もあります。

もう一度自己分析をしてみよう

意外と人は自己分析が出来ていませんから、自己判断で自分に向いている向いていないを判断するのは難しいのかもしれません。

自分に向いている仕事につくことが出来ればベストですが、それよりも大切なことはやりがいがあるのか好きなのかということかもしれません。
嫌いな仕事でも向いているなら続けるのか好きな仕事でも向いてないから辞めるのか選択は自由ですが、後悔のないように行動出来ればよいですね。