仕事が遅い人の特徴とは

仕事が遅く、仕事で怒られる回数が多くなってくると、自分のやる気も減少しますし、周りのテンションも下がり気味になってしまいます。ですから、できるだけ仕事で怒られる回数を減らすためにも、仕事が早くできる方法を考えてみるといいでしょう。


1.仕事の事をいつも考えているように見せかける

仕事に無関心だというのは仕事が遅い人の特徴です。

ですから無関心だとそれだけやる気がないから仕事が遅いのだとみられてしまいます。
まだ仕事については未熟でも、いつも仕事のことについて考えていたり、一生懸命頑張っているのだという態度をきちんと職場の人に見せると、相手はやる気はあるのだと考えるようにもなります。

そうした仕事ができない人に対しては休憩時間の雑談でも仕事に関する話を盛り込んだり、自分がいつも仕事の事についてきちんと考えているような態度を出すといいでしょう。

2.頭を整理する時間をつくらない

頭を整理する時間をつくらないことも仕事が遅い人の特徴です。

怒られたり、失敗してしまう回数が増えるとそれだけ気持ちもモヤモヤしてしまい、悩みも増えてしまうことになります。
また、仕事をしなくてはいけないのに、頭の中は失敗したことへの落ち込み、後悔などでいっぱいいっぱいになってしまうようなことも多いでしょう。
ですからいったん頭の中を整理する時間を作るといいでしょう。

ほんの数分でも頭の中を整理する時間を作れば頭の中がスッキリしますし、気持ちもポジティブになるのでいいです。
気持ちを前向きにすることが次の意欲にもつながりますし、怒られる回数を減らすことにもつながるでしょう。

怒られることによって気持ちがマイナスになってしまって、それが悪循環になってしまうことも多いので、いったん悩むようになってしまったら頭をスッキリさせる時間を作ることも大事です。

3.話をしっかり聞かない、しっかり返事をしない

注意したことや怒ったことに関して曖昧に返事をされたりあまり聞いていないような態度を取ると、そのことでまた相手を怒らせてしまうようなこともあります。
また、話をしっかり聞いていないから仕事が遅いのだと思われてしまいます。

ですから理不尽なことで怒られたり、何回も同じようなことで怒られるような時は、とりあえずしっかりと注意を聞く態度や、返事をしっかりすることに気を付けましょう。
そうすることで怒っている相手も自分の言っていることを理解してくれたんだと納得することができますし、余計ないざこざも生み出さずに済むでしょう。

4.まじめに取り組まない

職場の空気を明るくするために多少の冗談を言ったり雑談をするのはいいことですが、やりすぎは禁物です。

仕事に対していい加減だと思われてしまいますし、だから仕事が遅くふざけているのかと思われてしまうこともあります。
ですから仕事で怒られる回数を減らすためには、仕事に対してまじめに取り組むということも大事です。
私語をつつしみ、集中して行うことが大切です。

ユニークなアイデアや積極的な意見を求められている時は自分から行動的になることもいいですが、あくまで真面目に考えて行っていくということを忘れないようにしましょう。

5.早寝早起きでない

仕事が遅い時というのは、基本的な自分の行動、態度、言動などを見直す必要もあります。
そして精神的にイライラしているような時は体を健康的にすることも大事なので、規則正しい生活をするようにも心がけてみましょう。

規則正しい生活は食事などの見直しもありますが、早寝早起きをすることも大切なので、まずは早寝早起きをスタートさせてみましょう。
早く寝ることでストレス解消にもなりますし、早起きすることで朝の時間が増えるので、ゆとりを持った朝の時間をつくることができます。

時間に余裕を持つことで、仕事のことについても朝良く考える時間を持つことができるので最適です。

6.自分の味方になってくれる人がいない

自分だけ孤立してしまっているような職場だと、自分が怒られていても誰も救いの手を差し伸べてはくれませんし、仕事もはかどりません。

ですが、自分の味方になってくれるような人が多いような職場だと、救いの手を差し伸べてくれることもあったりかばってくれるような人も多いので、例え何回も怒ってくるような人がいても、その怒り方が酷くなるようなことは避けられるでしょう。

また、自分の味方が多ければ何回も怒るのがかわいそうだとも周囲から見られてしまうので、仕事が遅くたくさん怒ってくる人もあまり何回も怒ろうとしようと思わなくなるかもしれません。

ネガティブにならずにポジティブに行動しよう

仕事でミスをしてしまう時や失敗して落ち込んでしまうような時、また怒られたような時はどうしてもネガティブになってしまいます。
ですから仕事も遅くなってしまいます。

しかしネガティブになってしまうことによってまた怒られる要素を作ってしまうことも多いので、できるだけ前向きに考えていくことが大切です。
時には深く考えないということも大事ですし、どうしたら仕事が遅く怒られないようにすることができるのかも考えていかなければいけないでしょう。

そのためには人との接し方を大切にしていくといいでしょう。
仕事が遅いと思われないために上記を改善して仕事が早い人と思われるようになっていきましょう。