親友がいない男性の特徴。交友関係は広くても上辺ばかりの付き合い!

最終更新日:2017年9月25日

友達は多いけども親友は少ない、このような人も多いのではないでしょうか。

学校や環境が変わる度に友達はできたとしても、親友を作るということは結構難しいものだといえます。

ですが、大抵は親友と呼べるような人がいるわけであり、全く親友がいない人は少ないことでしょう。

では、親友がいない人は、どうして親友ができないのでしょうか。

今回は、親友がいない男性の特徴を紹介していきます。

1.交友関係が広すぎる

親友がいない男性の特徴として、交友関係が広すぎる場合があります。

友達が多いのに親友がいないのは変じゃないか、と思うかもしれませんが、友達が多すぎることによって、広く浅い交友関係しか作ることが出来ていないのです。

交友関係が広いことによって、知り合いや友人は多くできるかもしれませんが、親友と呼べるまで深い付き合いの友人を作ることは、交友関係が広すぎるが故に難しいのです。

普通の人であれば、数人の友達と深い付き合いをすることが多く、そのような友達がゆくゆくは親友と呼べるような存在になっていきます。

一方で、交友関係が広すぎる男性は場面ごとに付き合う友達が変わるので、関係性を深くするまでには至らない場合が多くあります。

このように交友関係が広すぎる男性は、親友ができにくい環境で生活しています。

2.人を信用しない

親友がいない男性の特徴として、人を信用していません。

親友と呼べるような人物は、普通の友達とは少し違った関係になります。

その人の事を信用し、また、相手にも信用されるような関係でなければ、お互いに親友であるとはなかなか認めることはできません。

そのため、人を信用しない人は、親友がいない場合が多くあります。

また、人を信用しないということは、相手からも信用されにくいことにつながります。

どうしても上辺だけの関係性となってしまうので、親友はできません。

3.自分から話しかけない

親友がいない男性の特徴として、自分から話しかけない男性だといえます。

友達を作る時にもいえますが、待っているだけではなかなか関係は深まりません。

そのため、最初は話しかけてくれる人も、仲良くならなければ離れていってしまいます。

少しでも仲良くなったのであれば、自分から話しかけることも必要であり、そのようなやり取りを経て、段々親友まで成長していくのです。

一方で、自分から話しかけない男性は、最初のうちはよくても、時間が立つに連れて交友関係は狭まっていくことでしょう。

受け身だけでは友達でいることは難しく、時には自分から動き出すことも必要です。

このように、自分から話しかけない男性は親友ができにくく、関係性を縮める事が難しいので、上辺だけの付き合いになりやすいのです。

4.嘘が多い

親友がいない男性の特徴としては、嘘が多い男性だといえます。

嘘が多い男性は信用されにくく、友達としてはあまりうれしくない人間だといえるでしょう。

親友ともなれば信頼し、場合によっては大事な相談なども行うような関係なので、嘘が多くて信用できない男性は、親友がいない場合が多いといえます。

また、例え友達であっても嘘をつかれることは最低なことであり、大抵の人は我慢をすること無く離れていくことでしょう。

このような事を繰り返していては親友など出来るはずもなく、友達ですらいなくなってしまう事につながっていくのです。

親友がいない男性に多いのは、上辺だけの付き合いをしていることです。

親友は相互理解が大切であり、相手の事を知る、自分の事を知ってもらうことが大切です。

しかし、友人関係の中には、都合の良いところだけで付き合っている場合も多いでしょう。

このような付き合い方をしている人は、親友ができなくて当然です。