昇格する男性の特徴。目的意識が高く会社の利益を優先する!

最終更新日:2017年10月15日

同じ会社の同期の中でも、昇格が早い人というのはいるものです。

自分も必死に仕事に取り組んでいるのに、何故このような差が生れるのか不思議に思いわけです。

そこで近亜紀、昇格する男性にはどのような特徴が見られるのかをご紹介します。

1.会社の利益を優先する

昇格する男性に見られる特徴として、最も多いのがこのタイプです。

自分自身の成績よりも、会社の利益を優先する人は結果的に昇格が早いものです。

例えば営業マンでも、自分の成績にこだわって同僚へのフォローは考えない人もいます。

その逆に、自分の成績よりも時に同僚のフォローに時間をかけるというタイプの人もいます。

会社としては、このような人材の方が業績を向上させるために役立つと判断することになります。

2.目的意識をしっかりと持っている

会社の会議に参加すると、人によって様々な価値観を持っていることが分かります。

議論に終始して自分には非が無いということを力説する人もいれば、それよりもどのようにして解決策を探し出そうかと考える人もいます。

もちろん昇格するのは後者のタイプです。

何をすべきかを明確にしているので、細かな利害関係には頓着しないというわけです。

このようなクレバーな考え方ができる人は昇格するのが早いと言えます。

3.会社の理念を心得ている

昇格する人の特徴として、会社の理念に忠実であるということも挙げられます。

会社にはそれぞれカラーというものがありますし、ブランディングも行っています。

その会社らしさというものを良く理解している人は、昇格も早いものです。

会社の伝統を受け継いでいくためには、そのような人材が必要だからです。

例えばより良い品質を求めることを最優先する会社であれば、常に品質の向上を求める人が昇格しやすいということになります。

4.コミュニケーション能力に長けている

ビジネスは人脈が全てという考え方もあります。

チャンスをもたらすのが人脈の広さであれば、新しい情報を得られるのも人脈であるからです。

そしてそのような人脈を広げるためには、コミュニケーション能力に優れていることが必要です。

経営者というものは多くが、コミュニケーションに長けています。

あるいはその能力を高めるために、常に努力しているものです。

多くの人脈を広げることができる残性は、昇格も早いと考えられます。

5.不平不満を言わない

昇格する男性の特徴として、不平不満を言わないということも挙げられます。

どのような状況下であっても、常にどのようにすればそれを打破できるかを考えるからです。

逆に不平不満ばかり言う人は、責任を他に求めて自分自身を振り返ることをしません。

その結果、いつまで経っても成長しませんし、逆境に立たされた時の対処ができなくなります。

昇格する男性というのは、どのような環境であってもしっかりと成果を生み出すことができるものです。

6.謙虚な気持ちを忘れない

人は偉くなり権力を持つようになると、謙虚な気持ちを失いがちになります。

けれども年齢を重ねても常に謙虚な気持ちを忘れない人は、昇格しやすいものです。

誰に対しても感謝の気持ちを持つことができますし、それが信頼感を与えることにつながります。

その結果人徳が高まり信頼されるようになるわけです。

昇進する男性は信頼感を与えることができる人であるとも言えます。

そのためには、謙虚な気持ちを忘れてはいけないと言えます。

昇格する男性の特徴として共通するのは、周りに信頼感を与えることができるということが挙げられます。

どのような状況にあっても常に前向きに考え、目的意識を持ち続けて会社に利益をもたらせる人であると言えます。