好き避け男子の態度。目を合わせず、言葉が出ない!

最終更新日:2017年10月8日

好きで避けているのが嫌いで避けているのかわからないと思っている女性は多いのではないでしょうか。

好きだからこそ避けてしまう男子の態度をご紹介します。

1.好きな人と話しているだけで恥ずかしくなる

好き避け男子の態度は、好きな人と話しているだけで恥ずかしくなってしまい、好きな人が目の前にいるだけで避けようとしてしまいます。

本当はもっとゆっくりと目を合わせて話してみたいのに、いざ本人が目の前にだと何も言葉が出てこなくなってしまったり、顔が真っ赤になってしまって好きな人に対して面白い一面を見せることになってしまうため、恥ずかしい一面を見せないために好き避けの態度をとってしまいます。

2.しっかりと考えてから会話をしたい

好き避け男子の態度で、しっかりと考えてから会話をしたいために、好き避けの態度をとってしまうことも考えられます。

好きだからこそ自分の気持ちをしっかりと伝えたいと考えていて、そのためにはどのような会話をすれば良いか自分なりに考えているのです。

会話が盛り上がればそのまま好きな人とずっと喋ってられると考えると、慎重に会話をしなければならないと考え込んでしまいます。

3.好きな人と会話すると言葉が出てこなくなる

好き避け男子の態度で、好きな人と会話をすると言葉が出てこなくなってしまうことがあります。

好きだからこそ思い切った言葉を伝えたいと考えているのに、なかなか会話が出て来なくなってしまいます。

見ているだけで幸せだった人が自分の目の前に現れたら、伝えたい言葉も何も出てこなくなってしまいます。

本当はもっと優しい言葉を伝えたいと思っているにもかかわらず、恥ずかしくなってしまって本当は思ってもいないことを言ってしまったり、本当に伝えたい言葉が出てこなくなってしまって胸が苦しくなってしまいます。

4.よりよく見せるためにどうすればいいか考えている

好き避け男子の態度で、自分のことを好きな女子によりよく見せるためにはどうすればいいか考えていることがあります。

自分のことを好きになってもらいたいために、会話をしているときのちょっとした仕草や、会話の内容、どれだけ相手の言葉を拾ってあげられるかなどといったことをを考えています。

普段のどうでもいい相手には会話に気を使ったりすることもないのですが、好きな女子だからこそこの人と会話をしていると楽しいと思ってもらいたいために、考え込んでしまい気付けば好き避けをしてしまいます。

本人は避けている意思はなく、チャンスをうかがっているだけです。

5.好意的な言葉を伝えるためにどうしようか考えている

好き避け男子の態度で、好きな女子に対して好意的な言葉を伝えるためにどうしようか考えていることが態度で現れてしまいます。

告白をすると緊張してしまいますが、好きになってもらうために積極的にアピールしたいと考えている男性は多いはずです。

顧客に近いような言葉を好きな女子に伝えることで、自分のことをもっと知ってもらおうと思うのです。

好きだからこそ避けてしまいますが、心からの気持ちを込めた言葉を相手に伝えようと思うのです。

よく考えてから行動する人に見られがちな言動であり、好きな女子のことを避けてしまっている事に気づいていないことが多いのです。

とにかく自分のことで精一杯になってしまい周りが見えず好き避けな態度をとってしまいます。

好き避け男子の態度には色々なものがあります。

このような男子は根底に恥ずかしさがあり、どうにかこれ以上恥ずかしい思いをしないように、しっかりと頭の中で準備をしてから好きな人に接したいと考えているのです。

慣れるまで時間がかかりますが、その分伝えようとしてる愛情の大きさは他では負けません。