手取り25万円で生活をやりくりする節約術

昨今、日本の景気が上向きになってきたためか「収入○○万以下の男性は…」なんて話、ネット上のあちこちで見かけますよね。

ただ、日本の景気は暖かくなってきても、未だに自分の財布はスキマ風が吹くなんて方も多いのではないでしょうか。

手取りで25万円前後の方の場合「このままで、貯金なんてできないし、結婚もできないのかな」などと考えるかもしれません。

以下のポイントをしっかりと抑え、楽しく暮らしながらもしっかりと貯金していきましょう。


何よりも大切なのは、自分が払うお金を『見える化』すること

昔から「金持ち金使わず」などと言われていますが、お金持ちの方に共通していることは「無駄遣いをしない」ことなのです。
自分のお金の価値を知っているからこそ、大切に扱う。

一方でお金がないと嘆いている人ほど、実は無駄な出費が異常に多いもの。
だからこそ、気付かぬうちに財産は減り、余計にお金に苦しむことになるのです。

とは言え、我慢することにも限界はあります。
上手に、無理なく出費を減らしていく方法があります。

自分の出費に関する家計簿をつける

こちらは、ある程度自分の時間に余裕を持つことができる方にオススメする方法です。

「いつ、なにに、いくら使ったのか」をすべて把握することで、自分がどこに無駄遣いしているのかを、明確に知ることが可能となります。
そうすれば、あとは自然と無駄な出費は減っていくのです。

最初はハードルが非常に高いと感じる方も多くいらっしゃるとは思いますが、慣れてくると、「ここが削れる、あそこはもっと使おう」などと自分の生活がコントロールできるようになってくるので、案外楽しいのでオススメです。

少し前に「レコードダイエット」というダイエット法が流行しました。

「ただ、自分が食べたものを記録するだけで痩せる」という原理ですが、実はこちらも、記録することで無意識のうちに減らそう、記録をキレイなものにしようという意志が働くため、痩せるというメカニズムなのです。

お菓子やジュースは1か月の上限金額を決める

お金が思う様に貯まらない、その最大の障壁は「お菓子やジュースの衝動買い」によるものです。
これらは実に少額なため、そんなに財布を痛めているとは思いにくいもの。

しかし、よく考えてみてください。
1か月、毎日ジュースとお菓子で300円を使っていた場合。
その出費をまるごと抑えるだけで、1万円近くが貯まってしまいます。

これが1年続き、10年続くと…。
もう言うまでもないですよね。
手取りが25万円前後の場合この点を注意することでかなり楽になってきます。

お菓子を全く食べない生活というのは、実に苦しく、味気ないものです。
ただ、その金額を、例えば「1月3,000円まで」などと上限を設けることで、確実に貯金は貯まっていきます。

他にも、「使わなかった分の金額に関しては翌月に使うことができる」など、繰り越し制度の様なものをつくってもいいかもしれません。

自動販売機など、自分の使った金額が見えない場所では買い物しない

一般的には家計簿をつけるような時間をつくることは難しいでしょう。
日本人は世界で一番働いているとも言われてるのです。

そんな時には、自分が使った金額のレシートをとっておき、月末にまとめて計算する方法がとても便利です。
その際に避けたいのが、自動販売機をはじめとした「レシートが残らない買い物」。

自動販売機は街中の非常にありがたい場所に設置してあります。
ちょっと散歩して喉が渇いたとき、目に入ると非常に飲みたくなってしまいますよね。

ただ、上記②でもお伝えしましたが、そうした一瞬の購買意欲が、皆さんの貯金を削っている要因なのです。
買いたいと感じた時は一呼吸し、「本当に必要か」を考えてみてください。

これをやるだけで、かなり貯金のペースは変わってきます。

ちなみに、どうしても喉が渇いた時や、券売機の店で食事をする際など、レシートが残らない場所は多々あります。
そうした場合には、携帯やスマホなどでメモを残しておきましょう。

カード払いには細心の注意を

「知らず知らず」お金を使いすぎてしまったという際たる場所として、クレジットカードがあります。
実際、読者のみなさまも「あれ、先月ってこんなに使ったっけ?」と、請求書とにらめっこした経験、一度や二度はあるのではないでしょうか。

カードを使えば、その瞬間はいいことしか待っていません。
自分の現金は減らず、商品が手に入ります。

ともすれば、一緒に精算した友人のお金を受け取るため、一瞬金持ちになった気分になります。
ただ、これは全くの間違い。

今月の自分がいい思いをしただけで、翌月はただマイナスを支払う自分が待っているのです。

「実際、家計簿なんてつける暇ないよ」という皆様も、是非、カード支払いだけは記録をつけましょう。
そして友人から「預かった」金額は決して使わず、口座に封印してしまいましょう。

上手く自分の出費と向き合い、上手にお金をやりくりしていきましょう。