転職活動を始める際に準備しておくこと

今の職場を変えたくて転職活動をしたいと思った時、何から始めたらよいのかわからないですよね。
転職活動を始める際の手順について詳しく解説をしていきましょう。

1.志望業界、職種を決める

最初に、転職してどのような業界でどんな仕事をしたいのかを自分の中で明確にしておきましょう。
一つに絞れないうちは複数でも構いません。

それでも自分の希望の仕事をある程度決めておくことによって、転職活動を効率的に行うことができます。
今、仕事をしている状態なら転職活動に対する時間もそんなにかけられるものではありません。
面接を受けるために何度も会社を休むわけにはいかないので、希望の会社をある程度見極めていくことが事前に必要になってきます。

また希望の業界によっても転職に対するアプローチが異なってくる場合もあるために業界についても詳しく調べておきましょう。
この経験があった方が優遇されるとか、この資格があれば転職に有利などといった有益な情報をみつけることができるかもしれません。

2.履歴書、職務経歴書を用意する

早いと思いかもしれませんが、自分の履歴書を職務経歴書をまとめておきましょう。
これらを整理することで自分にはこんな職歴の強み合ったのかと発見することができるかもしれませんし、新たな希望職種も出てくるかもしれません。
面接の間際になって焦って用意をすると抜けや漏れが出てしまいますので時間が取れる間に用意しておきましょう。

働きながらの転職活動はとにかく時間をあまりかけられないものです。
履歴書もまとめておくことで、サイトに登録の際には履歴書を見ながらできるので効率的に行うことできます。
忘れてならないのは履歴書の写真です。

これもすぐに今週中に面接に来てくださいと言うことにもなりかねません。
写真を取れる場所は限られていると思うので、休日など時間のあるときに撮っておくことをお勧めします。
アルバイトではないのでスーツ姿での写真の方がよいでしょう。

3.転職サイトに登録する

インターネットで転職活動を始める前に転職サイトへの登録が必要になります。
複数のサイトに登録するのかどうかは本人次第ではありますので自分にとって合った方法で考えてみましょう。

多くのサイトに登録をすればより多くの求人情報に触れることもできるので内定を取れる可能性が高まるかもしれません。
それでもあまり時間が取れない時にはサイトを絞って行う方法もよいでしょう。

また情報を登録するだけで会社からオファー来るシステムなどもあるので機能をいろいろと見てみながら自分に合った方法で登録をしましょう。
この登録の際には前項で上げた履歴書を職務経歴書が役に立ちます。

それを見ながら登録すれば職歴などの登録もやりやすいはずです。

4.転職支援サービスの会社に登録する

これも本人の希望次第なところもありますが、転職支援サービスへの登録も検討しておきましょう。
転職支援サービスの会社は専用のキャリアカウンセラーがついて転職に対するアドバイスをしてくれたり、非公開求人を紹介してくれます。

非公開求人なだけにいい条件の転職先に巡り合える可能性が高いですが、やりとりの手間なども生じますので時間を取られることも多いです。
登録の際には一度会社まで行く必要がある場合が多いです。

しかし、その分メリットはあるので可能な限り利用するようにしましょう。
できれば転職サイトと併せて両方の良さを活かした転職活動をしていきたいものです。

5.自分の仕事上の強み、長所、短所ををまとめておく

面接に備えて自分の自己アピールできることを用意しておきましょう。
中途採用であれば職歴は必ず聞かれるところでもあります。

自分の希望の仕事に関してアピールできる部分があるのか、即戦力として使えると思わせられるのか、できることをまとめておきましょう。
未経験業務へのチャレンジならその希望の熱意でも構いません。

また中途採用の面接でも長所や短所は聞かれるのでこのあたりもまとめておきましょう。
特に短所については聞かれることも多く、前職でトラブルが生じた際にどのような対処したのかというような質問が来ることもあります。
具体的なエピソードを思い出しておくようにしましょう。

新卒の就職活動と違って中途採用では筆記試験などをはさまずに最初からすぐに面接ということもあります。
これらのことをメモ書きでもいいので紙に書いて残しておくと必要な時にサッと見ることができます。

仕事をしながらの毎日ですので急に面接ということになっても慌てなくて済むように事前の準備をしっかりとしておきましょう。

時間が取れない転職活動だからこそ効率的に

転職活動は自分でも時間が取れない中で効率的に進めていく必要があります。
そのために事前の準備も計画的に進めておきましょう。
そうすればいきなりの面接でも充実した内容で受けることができるはずです。
新卒の就職活動とは違うということを念頭に入れて少しずつでも準備を始めておきましょう。