転職したことを後悔する瞬間6つ。慎重に転職先を選ぼう

転職にもリストラなど仕方なく転職しなければならなかった方もいれば、
よりよい条件や、自分のスキルに合った会社で働きたいと前向きに考えた結果転職した方など人によって理由は様々でしょう。

理由はどうあれ折角転職した事を後悔する瞬間が出てくる場合があります。

そこで今回は転職を後悔する瞬間についてご紹介します。


1.条件が話と違った瞬間

面接の際にしっかりと働く条件を確認していたとしても、実際働いてみると話が違うという瞬間が多々あります。

試用期間がある正社員で入社したがいつまでたっても正社員になれる兆しがない。
就業時間が不規則な上に会社独自の暗黙のルールがあり残業代がつかない。
働く準備までまでにお金がかかる場合。

例えば、制服や靴など出費が多い。
さらに休日が変則的で予定が立てづらい。
休日が少ない、年末年始やお盆などの休みがない場合は後悔を感じます。

2.会社の環境が合わない瞬間

現在求人も少なく、多少自分の希望する職業に合わないものでも、妥協して転職の範囲にいれて考えている方もいらっしゃるでしょう。
それほどに今の再就職の現状は厳しいものです。

しかし、あまり前職業とかけ離れた職種についてしまうと会社や社員の方の気質自体も違ってくるのでそのギャップに苦しみ後悔する事が
あります。

失業期間中にスキルアップや転職に向けての新たな資格を獲った方も自分の進む道を良く考えて転職される事をお勧めします。

また細かいところでは、通勤時間も多少無理してでも転職した結果通勤時間が苦痛になり転職を後悔する事があります。
毎日の事ですし、残業まで入る事を考えて転職しましょう。

さらに職業柄飲み会が多く仲間意識が強い職場や、逆にあっさりとしている職場。

様々なタイプの職場がありご自身の性格とギャップがあれば後悔必至です。

3.家族の理解を得られない瞬間

出来る限りの努力の結果、大変過酷な職種に転職したのだが、あまりの忙しさに家族の反感を買い理解を得られない瞬間はむなしく感じ後悔するでしょう。

残業が多い点、労働条件がひどい点、給与面や、社会的信用性の面で家族と口論になる場合もあるでしょう。

せっかく家族の為に転職を考えても、家族から応援されないのであれば働く意味を見いだせなくなり、やる気をそがれます。

ある程度は、ご自身で転職を考えなければいけませんがご家族ともコミニケーションをしっかりとり後悔しないようにしたいものです。

4.将来性を感じない瞬間

働き始めてしばらくはその転職した職場に慣れる事で必死になるでしょう。
しかし、しばらくして会社の現状や働く人たちの素顔が見えてくると、面接前の会社の印象とはかけ離れている事に気づく瞬間があると思います。
特に希望をもって転職された方にとってはもっとも苦痛を感じ後悔することになります。
不景気の中就職しても転職先でもリストラの恐怖におびえる事になったり、事業縮小を推し進める現状に先の見えない不安を感じるでしょう。
これでは、失業中と同じような精神状態に戻りますので後悔を感じるはずです。

働く事への前向きな気持ちがなくなってしまうと後悔が出ててきます。

5.人間関係が合わない瞬間

転職前に同僚に恵まれていた方は尚更この人間関係が合わない事は苦痛を感じ後悔する瞬間です。
人間関係がスムーズにいかなければ、毎日が苦痛であります。
更にはご自身の昇進問題にも絡んできます。
上司とのそりが合うかどうかは重要です。

さらに転職の場合は、年下の上司がいるなんてことはざらだと思わなければなりません。

そんな年下上司にも仕えなければならないと自覚して転職しなければ後悔してしまう可能性があります。

無理に合わせようと努力していくこともできますが、精神的に病んでしまう可能性もあります。
転職する前の心構えは大事です。

6.転職先の仕事に魅力を感じられない瞬間

転職先の仕事内容に魅力を感じて入社してみたが、実際は下請けで何も自分の意見が反映されない職場であった時。
実力主義の会社を希望したものの、まったく評価されない会社であった時。
会社の事業内容にあこがれたものの、実際自分の仕事は雑務がほとんどであった時など後悔を感じます。

転職先で実践力として前向きに働きたいと思っていた方には苦痛の瞬間になります。
また、逆にルーチンワークだけをこなしたいと思っていたのに次々ノルマを課される職場であれば後悔を感じます。
会社のイメージだけでなく、実際にどんな職場になりどんな働きを要求されているのか確認した方が後悔しな選択をできるでしょう。

焦りを抑えて慎重に転職先を見つけよう

このように転職したのにもかかわらず後悔する瞬間は沢山あります。

やはり家族とよく相談して転職をすすめ、自分に合った仕事を見つけられるといいですね。

無理を押して働けば無駄なストレスを抱えてしまいます。
失業期間の焦りをうまくコントロールして素晴らしい転職先を見つけましょう。
ただ、実際入社してみないと分からない事は沢山ありますが。