友達が多い男性の4つの特徴!相手の話をよく聞こう!

最終更新日:2017年8月30日

人望が厚ければ厚いほど友達の数はどんどん増えていきます。

そして、その友達が様々なシーンでその人を助けてくれるものです。

ただ、その一方で友達が全くいない人もいます。

では、友達の多い人にはどうやって友達を増やしているのでしょうか。

今回は友達が多い男性の特徴をご紹介します。

1.相手の話をよく聞ける人

これは友人を作るという場面だけではなく、どんな時でも重要となる項目です。

友人の少ない人はここが下手です。

上手くいく方法は簡単ですのでぜひ実践しましょう。

まずは話を聞く態度です。

相手の目を見る、適度な相槌というのは基本中の基本です。

頭の中に話が入っていなくても(これはこれで問題ですが)、このリアクションだけで相手は「話を聞いてくれている」と考えてくれます。

それ以上に最も重要なのは、否定から入らず、肯定から入るということです。

「いや、その意見には納得できない」と言われるよりも、「そうだよね、でもさ」と答えられたほうが、相手も完全否定ではなく、違うアイディアを考えてくれているんだという気持ちになり、相手を真っ向から否定する行為を避けることができますので、友好的な関係を築きやすいです。

2.先読みのできる人のように見せかける

自分本位ではなく、相手の困っている部分にいち早く気づき、相談にのることができたり、悩みごとに対応できる人はみんなから頼りにされ、自然と友達も増えていきます。

それを行うためには、相手の気持ちになり、物事の1歩と言わず、2歩3歩と先を考える必要があります。

結果、どう転ぼうと最悪自体だけは避けられるというような考え方を持ち、イレギュラーに対して柔軟に対応できる人となれば周りからの評価は上がります。

最善の策を尽くすよりも、最悪の結果を招かないほうが他人から信頼感を得ることができます。

しかし、行き過ぎてしまうと「あざとい」と逆に敬遠されることもありますので、考えは口には出さず、心の中に止めておいて、どんな状態が起きても柔軟に対応できるような準備だけはしておきましょう。

この行動・考え方により、絶対的な安心感を相手に与えることができます。

3.義理・人情を大切にする

人間の本質は義理と人情です。

やさしくされれば好意を持ち、その人のことを好きになりますし、関係が友好になります。

あの人には○○してもらったから、困っている時にお返ししようとか、あれをやってもらったんだから、これをしてあげようと考えるのは当然です。

この義理・人情を忘れてしまっては、友人を作るどころか1人で孤立してしまいます。

やさしさの押し付けを行えというわけではありませんが、見てみぬふりをしてしまうよりも、まずは実行に移すことが大切です。

4.自分から関係を切らない

人間関係というものはいつ切れるのでしょう。

相手が死んでしまった。

連絡が来なくなった。

絶交するほどひどいことをされた。

様々な理由がありますが、結論から言うと自分から関係を切らない限りはその方との人間関係は切れることはありません。

例え上記のように死亡が原因でも、関係というものは生きています。

その方本人から派生した家族との関係性が現れるかもしれません。

亡くなったからといって、葬式にも行かず、動かないで入ると関係は切れてしまいます。

本当に「もう一生この人とは会いたくない」と思っていても意外な部分で、その人の知識や人脈などが役に立つこともあります。

自分から関係を断ち切るような行為は、極力さけて行くほうが友人を多く作る秘訣となります。

友人の多い人は、自然とこれらの行動を行っています。

それは裏を考えてというわけではなく、本能的なもので自然と体が動いているのです。

この記事を読んでなるほどと思った人は、今からでも即座に実践してください。

友人は友人を呼んできますので、あっという間に友人の輪が広がってくれ、自分のポテンシャルを高めることにも繋がっていきます。