女性が好意を抱いている男性に送るサインは目線と表情!

最終更新日:2017年9月2日

女性からの印象が気になる男性は多く、ちょっとした仕草に一気一憂してしまうのが男性心です。

また、女性の行動を勘違いしてしまうことが多いのも男性で、どうしても自分に都合よく解釈してしまい、失敗してしまうこともあるでしょう。

特に多いのが女性からの好意のサインで、勘違いをしてしまうこともあれば、気づかずに見逃してしまう場合もあることでしょう。

では、このような女性からの好意に対して、どのようにしたら気づく事ができるのでしょうか。

今回は、女性が好意を抱いている男性に送るサインを紹介していきます。

1.女性から話しかけてくる

女性が好意を抱いている男性に送るサインとしては、女性の側から話しかけてくる場合が挙げられます。

女性は興味のないものに対しては一切注意を向けないことが多く、人間関係であってもこのことは同様です。

そのため、興味の無い男性に対して自分から話しかけるようなことは非常に少なく、あったとしても何か用件があるときぐらいだといえます。

そのため、女性から話しかけてくる場合は、好意を抱いている可能性は十分にあるといえます。

話の内容としては、何気ない会話であればあるほど好意があると考えてもいいでしょう。

日常会話、特に意味のない会話であっても話したいという意思表示であり、特定の用件がある場合に比べて、興味を持って話しかけてくれていると判断できるからです。

2.LINEなどの返信が早い

女性が好意を抱いている男性に送るサインとしては、LINEなどの返信が早い場合だといえます。

女性はあまり好きではない男性とはできるだけ連絡を取らないようにしようと考えることが多く、メールなどであれば返信をわざと遅くしたり、LINEであれば既読無視などの場合もあります。

このような反応をされた場合は関心がない場合であり、返事が返ってくることもあまりないでしょう。

一方で、返信が早い場合には、もっと話がしたいと思ってもらえている可能性が高いといえます。

返事が早い人であれば30分以内に返事が来る場合もあり、早ければ早いほど好意的であると解釈しても良いでしょう。

基本的に興味のない男性は無視されるので、返事が来るのであれば、多少好意的であるといえるのです。

3.目を見て話す

女性が好意を抱いている男性に送るサインとしては、目を見て話すことがあげられます。

好意がない場合は目を見て話してもらえないことが多く、酷い時にはスマートフォンを触りながら会話することもあるでしょう。

目を見て話して貰えない場合はあまり印象がない場合が多く、目を見て話をしてもらえるのであれば、女性から好意的に思われているといえます。

また、目を見て話すことに加えて、笑顔があるかどうかも判断の基準となります。

楽しく話すことができているのであれば、両者ともに自然に笑顔が出るでしょう。

しかし、つまらない場合は笑顔もあまりなく、愛想笑いが多くなってしまいます。

このように、女性が好意を抱いている男性に送るサインとしては目を見て話すことがあげられます。

ちゃんと目をみて真剣に話を聞いてもらえており、時折笑顔も交えることができるのであれば、好意的に接してもらえていると判断できます。

女性が好意を抱いている男性に送るサインとしては、興味のある無しで判断できます。

女性は男性よりも好き嫌いがハッキリしていることが多く、嫌いな男性や興味のない男性には、態度が大きく変わってしまうことがよくあります。

周囲と比べて自分が無視されている、興味なさそうにしているのであれば、あまり好意はないといえます。

一方で、周囲よりも話しかけてもらえる、笑顔が多いなどは好意的だと判断できるものであり、少なくとも自分に興味を持ってもらえている状態だといえるのです。