冷めた性格の男性の特徴。プライベートを大事にしている!

最終更新日:2017年10月2日

冷めた性格の男性は、物事や他人に対して冷めた態度を崩さず、常に淡々と振る舞う性格の男性です。

そのため、周囲の人からは「何を考えているかわからない」と思われてしまうこともしばしばです。

では、冷めた性格の男性には、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

1.マイペースで、常に自分の気分に合わせた行動をとる

冷めた性格の男性は、とてもマイペースな性格です。

そのため、常に自分の気分に合わせた行動をとり、「他人に合わせる」ということをしようとしません。

それゆえ、周囲の人たちがどうしても彼らに振り回されてしまう結果になります。

そして、周囲の人から「わがまま」「気分屋」というレッテルを貼られてしまうこともしばしばです。

しかし彼らは、周囲の人からどのように思われようと、そのマイペースな振る舞いをやめようとしません。

彼らにとっては、周囲の人から「良い人」だと思われることよりも、「今、この瞬間の自分の思いに忠実に生きること」の方が大切です。

そのため、強引に彼らのペースを崩させようとすると、彼らはあからさまな拒否反応を示してくるでしょう。

2.興味のない相手には見向きもしない

冷めた性格の男性であっても、恋愛をすることはあります。

但し、彼らが恋愛対象とみなしている相手は、「自分自身の方から好きになった女性」だけです。

彼らは、興味のない相手に対しては、徹底して見向きもしないという特徴を持っています。

そのため、彼らに対して恋心を抱いたとしても、興味を持ってもらえなければ、何度アプローチしても振り向いてもらうことはできません。

それどころか、興味のない相手からしつこくアプローチされると、彼らは途端に気分を害し、離れていってしまうでしょう。

常に自分のペースを崩したくないという性格ゆえに、「自分の周りの人間関係も、自分とフィーリングが合う人だけで固めたい」と考えているのが、冷めた男性の共通点です。

3.みんなで賑やかに盛り上がることが苦手

冷めた男性は、1人、もしくは気の合う少人数の仲間同士でまったり過ごすことを好む傾向があります。

そのような時間こそが、彼らにとっての至福のひとときです。

そのため、大人数で集まって賑やかに盛り上がったりすることが、あまり得意ではありません。

そのような場所に身を置くと、彼らは途端に疲れてしまいます。

そのため、理由をつけて早く帰ろうとしてしまうでしょう。

冷めた性格の男性は、落ち着いた雰囲気や静かに流れる時間を好むため、ワイワイ・ガヤガヤといったノリが好きではないのです。

そのため、パーティーや大人数の宴会などは、彼らにとっては最も苦手なジャンルの集まりであると言えるでしょう。

4.自分のプライベートゾーンに土足で踏み込まれることが嫌い

冷めた性格の男性は、自分と他人との境界線をしっかり引いた上で人付き合いをする傾向があります。

彼らは、自分のプライベートゾーンをとても大切にしており、そこに土足で踏み込まれたり、自分のプライバシーを根掘り葉掘り聞かれたりすることが最も嫌いです。

言い換えれば、どんなに親しくなった相手であっても、自分と相手との間にはしっかりと壁を作るというタイプです。

そのため彼らは、私生活の様子や本心をあまり明かすことがありません。

それゆえ、どこかミステリアスなイメージが付きまとうという点も大きな特徴です。

冷めた性格の男性は、自分のペースやプライベートゾーンをとても大切にしており、他人からそれらを乱されることを極度に嫌います。

常に自分のペースを崩さずに生きていたいと願っているため、どうしても周囲からは「わがままだ」と思われがちです。

しかし、他人からどう思われようと、彼らにとってはそれが1番の幸せです。

1人で過ごす時間や少人数でまったり過ごす時間が好きであるため、大人数で賑やかに盛り上がるような集まりは好みません。

そのため、彼らをパーティーなどに誘っても、断られてしまうか、早く帰ってしまうかのどちらかになるでしょう。