サラリーマンがダイエットをする際のポイント。実は仕事中は痩せやすい環境にある

最終更新日:2014年12月27日

サラリーマンは短い時間の中で適当に丼物で済ませたり、付き合いの飲み会も多いし、ストレスも多いし、仕事ばかりでフィットネスクラブに行く時間もない。

だからメタボになって太るのは仕方がない…と、仕事のせいにしていませんか?

サラリーマンだからこそダイエットが簡単にできるのです。

というように考えを変えてこそ、あなたのダイエットは成功するのです。

今日からダイエットをスタートするつもりで、一緒にその秘訣をさぐってみましょう。

1.サラリーマンはダイエットをする環境にある

例えばサラリーマンの生活と、専業主婦の生活を比べてみることで、いかにサラリーマンのあなたが、世の中の主婦よりもダイエットしやすいかを検証します。

ダイエット言い訳が出るのは、ダイエットを本当はやるつもりがないからかもしれません。

自分が置かれている状態が、ダイエットにとっては絶好のチャンスと認識できれば、それを利用しない手はないと思えてきます。

サラリーマンは職場、専業主婦は自宅が多くの時間を過ごす場となりますね。

実は自宅は、半径1メートルで美味しい物にありつける場所と言っても過言ではないのです。

「何かないかな」と小腹がすくと、すぐにお菓子が棚から見つかったり、ちゃちゃっとチャーハンやサンドイッチなど、簡単に美味しい物が自分で、しかも超低価格で出来ちゃうわけです。

これでは、主婦は誘惑から逃れるのは大変で、主婦こそがダイエットに遠い状況下に置かれているのです。

一方、サラリーマンは、出社してしまうと、午前中から仕事に忙殺され、コーヒーを朝に入れても、昼間で冷たくなって残っている…ということも多いですよね。

ようするに、午前中は間食をしないでも過ごせます。

ランチの選び方はポイントです。

これは次の章で詳しくあげるとして、サラリーマンの午後は、外周りや会議や、また仕事に忙殺されて、女子社員の配ってくれた甘いお菓子さえ断れば…、いえ、こっそりカバンにしまって奥様へのお土産に…、午後の間食なしで過ごせるのです。

このように、日中は職場にいるおかげで、規則正しい食事時間を送れるのがサラリーマンです。

2.サラリーマンがダイエットのために摂る食事のポイントは和食とよく咀嚼すること

ランチ選びですが、一番良いのは奥様のお弁当でしょう。

和食中心してね、と言っておけば、お弁当箱の大きさは限られますし、バランスよい手作り弁当は一番心も落ち着きますね。

お弁当を購入するのも良いですが、高カロリーな洋食弁当は避けて、和食弁当とお味噌汁をつけて、しっかりとよく噛んで食べましょう。

選べる場合は玄米か雑穀米を選び、白米は半分だけ残すと心がければ、かなり違います。

外食ではお蕎麦がダイエットにも良いでしょう。

これは咀嚼しないですするものですが、できればお蕎麦も良く噛むことが効果的です。

満腹感が出て、物足りなさがなくなるのです。

このように、和食を選ぶ意識、食べている時に咀嚼しようと心がける意識はすでにダイエットに効果をもたらし、サラリーマンのダイエットが始まっているのです。

3.サラリーマンのダイエットの大敵、お付き合いの飲み会の時はどうする

サラリーマンのダイエットの大敵に、お付き合いや接待の飲み会があります。

これも前の章で出てきました、和食を選ぶ意識、咀嚼しようと心がける意識をしっかり持っている限り、なんなく乗り切れます。

ただ、ビールで腹を膨らませて…というのは高カロリーでバランスよい食事時間となりませんから、避けましょう。

日本酒も和ではありますが、カロリーが高いので、それぞれ1杯ずつ、時間をかけて味わう程度に。

赤ワインや焼酎の炭酸割を、2杯までと心得ましょう。

お店は居酒屋だったら和食メニューがたくさん選べて目移りしますね。

お豆腐、枝豆、お茶漬け、ほっけ、これで本当は十分なのに、飲み会に長時間身を任せてしまって、咀嚼を忘れ、フライドポテトをつまみ、最後にラーメン店まで行ってしまった…というのでは、ダイエットにならないため注意が必要です。

4.サラリーマンだからこそ、会社の福利厚生を利用するダイエットも

サラリーマンだからこそ、福利厚生の一環で、健康診断を必ず決まった時期にやりますね。

自営だったら、自分から赴かなくてはならず、ついつい後回しで、自分の健康管理を意識できない人も多いのです。

その点、サラリーマンだからこそ、会社での一斉健康診断やメタボ対策など、アドバイスももらえるのです。

会社にもよりますが、保健室があるならば、利用しない手はありません。

看護師さんが好みだろうがどうだろうが、それは関係ありません。

看護師さんは社員の診断結果によって、食生活や体調管理のアドバイスや、親身になって相談にのってくれるでしょう。

ダイエットの覚悟やスケジュール、方法を、看護師さんと分かち合うことで、かなり励みになり、挫折や言い訳なんてできなくなります。

1週間に一度、保健室に立ち寄って、状況や体重報告をするのも、かなり効果的でしょう。

5.サラリーマンだからこそできる通勤中のダイエット方法

軽い運動は、姿勢を良くし、程よく筋肉をつけ、有酸素運動を促しますから、生活の中にとりいれるべきです。

必ず階段を使い、電車のつり革を持ったら、おしりと足の付け根にきゅっと力を入れてかかとを上げて立ちます。

常に姿勢をよくしてデスクで仕事をすることは、見た目にも美しいですし、腹筋と常に使うことなので、一日中燃焼を促すのです。

6.ダイエットの結果、効果をイメージして、なりたい自分になること

ダイエットすると、多くの人が体調が良くなり、身体が軽くなり、若返った、かっこよくなったと褒め言葉ばかりをもらうことができます。

ダイエットをすると、あの人良くなったわね、と女子社員の好感度は必ずといってよいほどアップするのです。

しかも健康を手に入れて、洋服はなんでも良く似合うようになるのです。

ダイエットと仕事は両立する

このように、サラリーマンの毎日は、自分の工夫次第で、ダブルで楽しめるのです。

ダブルというのは、仕事とダイエットを楽しむということです。

自宅にいる専業主婦よりも、サラリーマンの方がダイエットに向いているもう一つの理由は、まわりに他人の目があること、です。

やはり、見られていると気合いが入るのです。

奥様にその結果を示すことができたら、きっと尊敬されますよ。

さあ、今日から始めましょう!