絶食系男子の特徴。男性同士でいる時間が充実している!

最終更新日:2017年9月25日

今、恋愛を積極的に楽しもうとする男性が多くなってきていると言われています。

中でも、「絶食系男子」と呼ばれる男性は、女性や恋愛に一切興味を示さないタイプの男性です。

では、絶食系男子とは、具体的にどのような男性なのでしょうか。

その特徴についてご紹介します。

1.1人で過ごす時間がないとストレスが溜まってしまう

絶食系男子は、かなりのマイペースです。

そのため、長時間他人と一緒に過ごすことが苦手で、1日のうちに必ず1人になる時間を確保しないと、ストレスが溜まってしまうという特徴を持っています。

そして、1人でいる時は、その時間を誰にも邪魔されたくないと思っています。

もし彼らのテリトリーに土足で踏み込むような人がいたら、すぐに彼らから距離を置かれてしまいます。

絶食系男子は、決して人が嫌いというわけではないのですが、1人になって自分の心身を整える時間がないとエネルギー切れを起こしてしまいます。

どちらかというと、繊細なタイプであると言えます。

2.男性同士で集まっていた方が楽しいと感じる

絶食系男子は、恋愛にほとんど興味を持っていないため、合コンなどに顔を出すことはありません。

そのようなイベントに参加して、無駄に気を遣うくらいなら、気の合う同性の友達同士で集まった方が楽しいと感じるタイプです。

そのため、絶食系男子は、同じようなタイプの男性同士で集まって楽しんでいることがほとんどです。

彼らは、気を遣わない人間関係を好みます。

彼らにとって女性という存在は、「気を遣わなくてはならない、疲れる存在」です。

そのため、男性同士の集まりの場に女性が加わることも、あまり快くは思いません。

似た性格の男性同士・同じような趣味を持った男性同士で楽しむことに、最高の幸せを感じているのが接触系男子です。

3.無理に女性を紹介されると、気分を害する

絶食系男子は、女性や恋愛に興味を持っておらず、「この先の人生で全く恋愛をしなくても別に良い」と考えています。

しかし、そんな彼らを見て、周囲の人が心配してしまうことがあります。

そして、親切心で彼らに女性を紹介するようなことをしてしまうと、彼らは途端に気分を害します。

そして、そのような人とはすぐに距離を置こうとします。

絶食系男子は、恋愛や女性に興味がないだけでなく、「自分のペースを他人に乱されること」を極度に嫌うという特徴も持っています。

そのため、お節介を焼いて、無理矢理彼らに恋愛を指せようとするような人に対しては、嫌悪感しか抱きません。

4.女友達がいる場合もあるが、恋愛には発展しづらい

絶食系男子の中にも、仲の良い女友達がいるという人もいます。

しかしその女性は、彼らにとってはあくまで「ただの友達」です。

そのため、どんなに仲良くなっても、どんなに長い期間付き合っても、恋愛関係に発展することはほとんどありません。

しかし、だからこそ彼らは、その女友達と安心して仲良くしていられるとも言えるでしょう。

絶食系男子が恋愛に興味を示さない理由の1つとして、「近過ぎる関係になることが面倒」というものが挙げられます。

だからこそ、どんなに女友達と仲良くなっても、常に一線を引いた関係を維持し、それ以上の関係にはならないようにしています。

そのため、女性側が彼らを好きになってしまったとしても、その気持ちに応えて付き合ってくれるというケースはほとんどありません。

絶食系男子は、女性や恋愛に興味を示さない男性ですが、その大きな理由は、「自分のペースを大切にしたい」というものです。

自分の人生に恋愛というものが入り込んでしまうと、否応なく自分のペースが乱されてしまうようになります。

絶食系男子にとっては、それがストレスです。

しかし、ずっと1人で孤独に過ごしている人というわけでもありません。

気が合う同性の友達とは楽しく過ごします。

恋愛関係にならないという女性であれば、長く友人関係を築くこともあります。