マンネリデートを盛り上げる方法はサプライズと服装!

最終更新日:2017年9月14日

付き合い始めたばかりの頃は何をするのも新鮮でワクワクドキドキしていたけれど、最近はデートコースもいつも同じで初めてがなくてマンネリ気味なんだよね、という悩みは付き合っている期間が長くなったカップル共通の悩みです。

ここではそんなマンネリデートを盛り上げる方法をご紹介します。

1.サプライズを用意する

マンネリデートを盛り上げる方法は、サプライズを用意することです。

例えば高額なものでも記念日でも無くても、用意しておいたサプライズプレゼントでびっくりさせればいつもと同じデートコースだったとしても受け取った相手に新鮮な気持ちを思い出させることができます。

プレゼントでなくても、デート中に「実は今夜のレストランはもう予約してあるんだ」とサプライズでいつもと違う雰囲気のお店で食事するのもいいでしょう。

相手にとって意外性のあるサプライズをすることで、マンネリでお互いのことを知り尽くしたと思ったけどまだ知らないドキドキがこれからも待っていると交際の新鮮味が蘇ります。

2.服装などを工夫する

デートの内容自体がマンネリでも、服装やメイクをいつもよりエレガントにしてみるだけで相手に新鮮な印象を与えることが出来て、惚れ直させることが出来ます。

片方が工夫するだけでなく予め提案して、「夏だし、今週末は浴衣デートしようよ」とか、運動の為にいつものレストランまで一駅歩いてみない?などいつものマンネリデートにテーマを加えて新鮮味を復活させる提案は効果的です。

3.新しい話題を用意する

デート内容が同じで会話の話題も尽きてしまっているとなんとなく無言になりがちで、退屈イコールマンネリの印象になってしまいます。

デート前に、お互い盛り上がれる取って置きの話題を仕入れておいたり、雑誌などを買って一緒に読むとか、おもしろ画像や動画を保存しておくなどデート前にひと手間かけて話題を用意しておくだけでいつものデートの盛り上がりも違います。

4.一方がデートを全面プロデュースする日を作る

今週は彼氏が全面プロデュースのデート、来週は彼女が全面プロデュースのデートと一方が待ち合わせから食事まで全部プロデュースするおもてなしデートを開催するのもマンネリになりがちなデートを楽しむコツです。

いつも2人で相談しながら行き先を決めていると無難なチョイスになりがちでマンネリを感じてしまうので敢えて片方に任せてみるという方法です。

テレビ番組の企画のように、全面プロデュースしたりさせることでお互いの新たな一面を発見できたり、自分に対する心配りに気づいたりして、気合の入った企画でなくても楽しめます。

5.2人ともはじめての体験デートをする

マンネリデートを打破する起爆剤として、2人とも全く始めてのことに挑戦するデートです。

今まで全く興味が無くて挑戦してみたかった、陶芸、釣り、スポーツ観戦、歌舞伎観劇など2人にとって180度新しい方向のデートをしてみると、意外にハマッてそれから2人で行ける様になるかもしれませんし、一度きりだったとしてもその後の話題に事欠きません。

初心者カップル体験プランなどをきっかけにして誘ったり、割引を上手く利用するのがコツです。

6.言葉にして改めて気持ちを伝える

最後に一番大事な方法は、デート内容が全く同じでマンネリだったとしても言葉にして改めて気持ちを伝えることです。

「いつもと同じ場所だけど〇〇と一緒のこの時間が大切だよ」「この生活がずっと続くといいな」という愛情表現は照れくさくても相手に伝えましょう。

いかがでしたか。

長く交際したカップルがマンネリデートになってしまうのは悪いことではなくお互いのことを知り尽くした証でもあります。

マンネリでもちょっとした工夫でもっと楽しみたいという気持ちこそが大事で相手に対しても新鮮さを与えることができます。

ぜひ恥ずかしいとか面倒だと思わずに上記のマンネリデートを盛り上げる方法に挑戦してみましょう。