遠距離恋愛で破局を回避する方法3個

最終更新日:2018年1月28日

遠距離恋愛は恋愛の中でも難しい恋愛の形ですが、破局をしないで継続したいと思う人は多くいます。

相手を把握するにも距離があると、不安や心配だけが高まるばかりです。

そこで、遠距離恋愛で破局を回避する方法を紹介します。

1.連絡方法を固定する

遠距離恋愛は、相手と会う回数や時間に限りがあるので、会話不足やコミュニケーション不足に陥りがちです。

連絡回数を増やしたり通話時間を長くすることは、お互いの負担になり遠距離恋愛の大変さを感じることになります。

遠距離恋愛で破局を回避するには、コミュニケーションを取ることや相手と気持ちを繋げるための努力をすることがポイントです。

連絡方法を固定するという手段は破局を回避するのに効果的で、お互いの負担も軽い破局回避方法です。

週の内電話する日とする時間を決めて、それ以外はメールやSNSなどでのやり取りにします。

何でもルーチン化すると生活の一部として組み込みやすくなり、相手と話しをする必要性や大切性を常に認識していられます。

遠距離恋愛でなるべく避けたいのは、電話したい時だけ連絡を取り気が向かないと連絡しないという方法です。

気が向かない時が多く、お互いの間に隙間ができるほど破局を招くリスクは高まり、定期的に連絡するほど破局を回避しやすくなります。

2.行動パターンを把握する

相手の行動パターンを把握することは恋愛継続には大切なポイントで、遠距離恋愛は特に重要な部分です。

連絡が取れない場合、浮気をしているかもや何処かで遊んでいるのかなど色々な心配をしますが、相手の行動パターンを把握すると連絡が取れないだけで不安にはなりません。

また、行動パターンを把握していると、連絡が取れないとおかしい時間かどうかなども把握しやすくなるので、遠距離にいながら安心した毎日を過ごせます。

相手の行動パターンを把握することは、相手の動きを把握できるだけではなく、把握されているという認識から相手も交際相手がいる人間としての行動をします。

お互いを自由にするほど破局を招く可能性は高くなり、自由に制限をかけるほど浮気へのリスクは低くなります。

しかし、自由に制限をかけ過ぎると束縛や拘束されている感覚が強くなり、それが破局を招く原因になるので、制限には適正さが大切で理想は行動パターンを把握する程度です。

3.空白を長くしない

遠距離恋愛で大切になるのは、2人の間で空白を長くしないという点です。

空白には、会わない時間や連絡を取らない時間、ケンカをしている時間など、色々な部分で空白を長くしないことが大切です。

空白を作らないことは難しいですが、空白を長くしないということは比較的に行いやすいので、取り組みやすく遠距離恋愛の破局を回避する効果的な方法です。

例えば、1ヶ月に1回会う場合はそれ以上会う間隔を広げない、会った時の時間を短縮しない、定期的な電話を省略しないなど、2人に関わる部分は空白を短くする工夫が理想的です。

遠距離恋愛の距離にもよりますが、かなり離れている場合は月1回会うことも難しいケースがあります。

会う回数が少ない人ほど一緒にいる時間を大切にして、一緒にいない時は空白を作らない努力が必要です。

遠距離恋愛は、一緒にいる時間が少ないという点がありますが、逆に言うと一緒にいる時間が長過ぎないで済むというメリットがあります。

プラスに捉えることで良い関係性が築けるため、遠距離恋愛をマイナスに感じないことも破局を回避する方法の一つです。

遠距離恋愛で破局を回避する場合、連絡を沢山取ったり相手の監視を強くするなどの方法に力を入れる傾向があります。

しかし、対策が返ってマイナス効果を生む場合があるので、無理な行動や適度さを感じない対策は避けることが大切です。

遠距離恋愛を楽しむ位の気持ちが、破局を回避するためには必要です。