時短勤務の人の特徴。効率的で思考が深い!

最終更新日:2017年10月15日

時短勤務で仕事をテキパキと終わらせる人には、どのような特徴があるのでしょうか。

基本的には業務効率が良いことが挙げられますが、どのような傾向が見られるのかをチェックすることで、見習うべきことも見えてきます。

1.物事を多面的に見ることができる

時短勤務ができる人は、創造性が豊かである傾向が見られます。

というのも、普段行っている仕事を当たり前にこなすのではなく、常に効率良く終わらせるにはどうすれば良いのかを考えられるからです。

そのためには、当たり前のように行っている仕事を様々な視点から見て、どこに効率化をするためのヒントがあるのかを見つけ出すことが必要になります。

このような取り組みをしている人は、色んな側面から物事を見ることができるというわけです。

2.話の展開が早い

多面的な見方ができる人というのは、話をしていても展開が早いことが特徴として見られます。

話題がコロコロと変わってせわしなく感じますが、会話の中で他の話題につながるキーワードを見つけるのが上手いのが理由と言えます。

このような人は頭の回転も早く、仕事を効率良く終わらせるためのアイデアも豊富に沸いてくるものです。

世間話をしていても、すぐに話題が他に移る人は時短勤務ができる人と見て良いかもしれません。

3.とにかく沢山のモノを書く

メモ書きにしてもレポートにしても、短時間で相当の量を生み出す人がいます。

このような人も、時短勤務に向いていると言えます。

最小限のインプットから多くのアウトプットを生み出せる人というのは、それだけ多くの引き出しを持っているものです。

大量の本を読み、色んな人の意見を見ることによってどのようなインプットに対しても即座にアウトプットを生み出せるというわけです。

このようなスキルは仕事にも生かせるものですし、最低限のインプットで求められる成果を生み出せることになります。

4.深く物事を考えられる

思考が深い人も、時短勤務ができる傾向があります。

少ない時間で成果を生み出すためには、まず仕事の進め方そのものを考えなければなりません。

けれども多くの人は、そのような時間がもったいないと、いきなり作業に取り掛かることになります。

けれども思考が深い人は、最初に効率の良い進め方を考えてから仕事に取り組みます。

また回避すべき課題や問題点も事前に見出せるので、ミスなどによる時間の無駄を発生させることがありません。

結果的に早く仕事を終えることができるというわけです。

5.常に効率化を考える

時短勤務をする人は、仕事を終えた後にも何かしらの用事を抱えているものです。

こなすべきことが公私ともに多いので、必然的に時間の使い方を無駄のないようにしようと心がけるものです。

その結果、常に効率化を考えるようになります。

つまり時短勤務をする人は、効率化をする習慣が備わっているという特徴が見られます。

無駄話もしませんし、打ち合わせでもすぐに結果を求めます。

会議にも無暗に時間をかけるようなことはしないというわけです。

6.大局観を持っている

作業効率が良い人というものは、大局観を持っているのが特徴です。

つまり、今何をすべきかをゴールを設定した上で考えられるというわけです。

そこから逆算して、今この時間には何をすべきなのかを判断できるようになります。

複数の仕事を抱えていても、まるでパズルを解くように並行して進めて納期までに成果をしっかりと出せることになります。

また割り込みの仕事が入っても、慌てることなく上手くこなせるのも時短勤務ができる人の特徴です。

時短勤務の人の特徴は、常に効率性を求めているということが挙げられます。

決して時間に追われるわけではなく、ゴールに向かってどのようなルートを通れば最短で辿り着けるのかを見つけ出せるというわけです。