フリーターのメリット4個!自分のライフスタイルに合わせられる!

最終更新日:2018年2月5日

「フリーター」とは、定職には就かずにアルバイト等で生計を立てていることを言います。

正社員ではなく、フリーターとして勤務するとなるとそもそもどんなメリットがあるのでしょうか?では、フリーターのメリットをご紹介します。

1.正社員に比べてフリーターは気が楽

正社員で勤務するとなるとまずはスーツでの少し堅苦しい面接があります。

その後は会社内で開かれる研修があり、研修後には〝6ヶ月″という研修期間を設け、この研修期間後に正式に正社員として勤務する事ができます。

また、正社員の場合重大なミスをしてしまうとミスをした自分ではなく、勤務している社員、会社の責任となってしまいます。

その結果、正社員として勤務する場合精神的に疲れてしまう事が多々あります。

ですがフリーターの場合、面接時はキレイめな私服で問題はなく、1ヶ月〜3ヶ月という短い研修期間を経たら正式に1人立ちとしてアルバイターとして勤務する事ができます。

フリーターとして勤務するとなると基本的には誰でもできる仕事がほとんどなので重大なミスをしてしまう確率もかなり低く、比較的精神的に疲れる事なく自分らしく働きやすい環境です。

2.自分のライフスタイルに合わせられる

フリーターは自分のライフスタイルに合わせた勤務をする事ができるので、例えば平日の日中のみ働いて土日休みにしたり、平日は数時間しか働かず、土日に集中して何時間も働くするなどして自分に合った働き方をすることができます。

ですが正社員で働く場合、休日出勤や残業があり、自分のライフスタイルを崩してまで仕事をしなくてはなりませんが、フリーターであれば自分のライフスタイルに合わせて勤務する事が可能です。

また「フリーターでも稼ぎたい」と思っているのであれば時給が少しアップする深夜から勤務することもできます。

3.辞めやすい環境

正社員で勤務しているとちょっとしたことでは退職できなかったり、退職手続きに時間がかかってしまったりします。

ですがフリーターでの勤務であれば「引越しをするので○月で辞めます」「違うバイト先で働きたいので…」などといった私情でも気軽に辞めることができます。

正社員ではないので退職手続き等もなく、辞めるにも簡単に辞めることができちゃいます。

正社員として会社に勤務するとなると〝定年までこの会社で働きなさい″というような暗黙なルールがありますが、フリーターであれば〝いつか辞める日が来るだろう″などと店長は思っているのです。

4.自分に合った仕事を見つけられる

フリーターは基本的に掛け持ちと副業が許されています。

ですが正社員の場合、勤務している会社でのみ勤務が可能となっているので掛け持ち、副業は出来ず、自分に合った本当の仕事を見つけ出すことが難しくなってしまいます。

フリーターであれば掛け持ちと副業が許されているため、掛け持ちや副業をして沢山の職種を経験し、本当に自分に合った仕事を見つけ出すことができます。

自分に合った仕事を見つけ、フリーターとして勤務することで自分に合ったライフスタイルをしつつ、好きな仕事に勤務することができるのもメリットでしょう。

正社員として好きな仕事をするのもいいですが、正社員となると自分に合ったライフスタイルで勤務するということは少し難しいでしょう。

フリーターとして勤務することはメリットばかりではなく、もちろんデメリットもありますが、自分のライフスタイルを充実したい方はフリーターの方が向いているでしょう。

また、フリーターとして勤務し、いくつかのお店を掛け持ちする事で正社員の毎月のお給料よりも稼ぐこともが可能になってきます。

フリーターになりたいのであればきちんとメリットとデメリットを知っておくといいです。