仕事が見つからない時、自分に合った仕事を見つける方法

就職活動をしている際に何度面接を受けてもなかなかうまくいかないこともあると思います。
何度も受けて面接も慣れているはずなのに、自分にはどんな職場が合っているのかわからなくなってしまいますよね。
そんな時にはどのようにしたらよいのでしょうか。

1.受ける業界を変えてみる

受け続けても落ちてしまう場合はあなたには合わない業界なのかもしれません。
業界を変えれば、今までうまく行かなかった面接が一気にうまく行く場合もあります。

また、昨今では転職の状況も厳しいために募集職種と同じ経験がないとそれだけではじかれてしまうことが多いものです。
それでも経験を問わない業種や職種というものもあるものです。

あまりに面接がうまく行かない場合には経験不問や未経験者歓迎の求人に応募してみましょう。
今までとは違った反応を得ることができるかもしれません。

2.就職の条件を変えてみる

あなたが就職する際に掲げている条件について見直してみましょう。
あなたの持っている職歴では希望している条件での就職が難しいのかもしれません。

現実的には給与や休日の面などの条件の幅をもっと広げてみましょう。
譲れない部分もあるかもしれませんが、条件を変えただけで一気に応募できる企業が増えるかもしれません。

初めは条件がかなわなくても働いているうにの条件が優遇されてくる場合もあります。
あまりに就職うまく行かない場合には初めは条件を下げた上で就職することを考えてみましょう。

3.自分の経歴を振り返ってみる

中途採用では今までの職歴が重視される場合が多いです。
もしあなたの就職活動がうまく行っていないのであれば、あなたの経歴が活かせる職場ではないからかもしれません。

やりたい仕事よりも就職するということ自体が大切な場合は自分の過去の職歴に関連するような職種を受けてみましょう。
その方が一気に感触が良くなるはずです。

その場合も自分の過去の経歴によって新しい職場でどんなことができるのかをぜひアピールするようにしましょう。
自分には売りがないと思っていてもアルバイトの経験や学校で勉強したことなどが役に立つ場合もあります。
過去を振り返って行く中であなたにあった仕事も見つけることができるかもしれません。

4.一旦求職活動をお休みをする

就職活動がなかなかうまく行かない場合は煮詰まってしまうものです。
面接の際にも顔に危機感が漂い、好印象を与えられなくなっているかもしれません。

一旦お休みしてみてはどうでしょうか。
すぐにでも就職する必要がある場合は3日程度でも構いません。

就活を全くしない日を作ってみましょう。
自分自身がリフレッシュできれば、生き生きとした表情を取り戻せるかもしれません。

また気持ちをリセットしたことにより、新しいアプローチの方法が見つかることもあるでしょう。
煮詰まった時には勇気をもって一旦お休みしてみましょう。

あなたが疲れていればいるほど、お休みしただけの効果はあるはずです。

5.新たな職歴や資格を得る

就職活動でうまく行くためには、募集職種に有効な職歴や資格が効果的です。
うまく行かない場合には条件が合わなくてもアルバイトなどで、一度希望の職種で働いて職歴を作ってみてはどうでしょうか。

未経験よりは経験があるだけでずいぶん会社の反応は変わるものです。
関連する資格を取得してもよいでしょう。

資格を取っただけの努力は認めてもらえるはずですし、資格があると言うことで即戦力と思ってもらえるかもしれません。
就職がうまく行かない場合には自分の市場価値を高めるということを意識してみて下さい。

そんな自己啓発に努めているうちにあなたが本当にやりたことがみつかって自分に合った仕事を見つけることに繋がるかもしれません。

6.職業訓練を受ける

ハローワークの職業訓練には失業給付の受給資格がない人でも受けられるものもあります。
職業訓練を受ければ新たな技能を身につけることができますし、資格の受験に繋がるものもあります。

条件を満たせば受講中にお金を借りられたり、給付を受けられる場合もあります。
内容や条件などは地域にも異なるのでハローワークに相談に行ってみましょう。

職業訓練を受ければあなたが頑張っただけの成果は得られるのではないでしょうか。
講座で頑張ったことや得た知識などは面接の際などのいいアピールにもなります。

新たな技能を身につけることで自分が本当は何をやりたいのかいう新たな希望も出てくるかもしれません。
またハローワークでは予約をすればキャリアカウンセリングも受けられるので、その制度を利用してみるのもよいでしょう。

これまでと違ったアクションをしよう

就職活動がうまく行かない場合にはこのように今までとは違った新たなアクションを起こしてみましょう。
今までとは違った効果を得られるはずです。

就職活動がうまくかなくても決して自信を無くさないで下さい。
視点や方向性を変えただけであなたの可能性は広がるはずです。

あなたの可能性を消さないために何らかの行動を自分で起こしてみましょう。
その小さな勇気があなたに合った仕事を見つけるための一歩に繋がるのです。