友達ができない男性が友達を作る方法!人見知りや口ベタの殻を破ろう!

最終更新日:2017年8月30日

友達は欲しいけど、どうやって友達を作ったらいいのかわからないという男性は案外多いものです。

口数の少ない男性の場合には、友達を作ることが苦手意識を感じている人もいてます。

共感し合えたり悩みを打ち明けることができる友達は、心の支えになってくれる大切な存在です。

友達ができない男性は、どのようにすれば友達を作る事が出来るでしょうか。

1.自分の殻を破る

友達を作りたいと思うなら、まずは自分自身の殻を破らなければなりません。

友達がいない人は、口ベタだったり人見知りだからといって、周囲の会話に入らずに一人でいる人が多いです。

会話に加わりもせず笑顔も見せようとせず自分から、周囲の人が話し掛けづらいような高い壁を作ってしまっているのです。

まずは、自分から話しかけてみる勇気が必要です。

人見知りだからといって無表情で黙っていては、人との距離が縮むことはありません。

まずは、誰かに対して仲良くなりたいという意思表示をしなければ、友達へと進展することはありません。

しゃべるのが苦手、恥ずかしい、変な人だと思われたらどうしようと過剰に防御壁を作ってしまわず、まずは自分自身で作り上げた見えない殻を破りましょう。

2.社内の人を飲みに誘う

友達が作りたいのであれば、社内の気が合いそうな人を飲みに誘ってみるのが一番です。

会社は、毎日出社して一日の大半を過ごしている場所です。

仕事を通じて、社内の人の人柄もだいたいわかっているでしょう。

職場の中で、趣味が同じの人や気の合いそうな人はいませんか。

同じ会社で働いているので、社内での共通の話題もあり話しやすいでしょう。

友達になりたい人が職場にいるのであれば、仕事帰りに飲みに誘ってみるのが友達になる第一歩です。

職場では少し堅苦しい間柄でも、飲みに行くと職場とはまた違った気軽な関係でつきあることができるでしょう。

一度飲みに誘えば、次につながりどんどん距離は縮まっていき気づけば友達になっているはずです。

3.習い事に挑戦する

職場に友達になれそうな人がいなくて、友達を探しているのであれば、自分の興味がある習い事に挑戦してみると良いでしょう。

そうすれば、自分と同じような興味のある人と知り合うことができます。

習い事を探す際には、個人レッスンよりも人と出会うチャンスの多いグループレッスンに参加すると良いです。

習い事を通じて知り合うので、共通の話題があり、話しには事欠かないでしょう。

習い事は、英会話スクール、料理教室、陶芸、テニス、絵画教室など様々なジャンルのものがあります。

興味のある事や好きな事を習いながら、人と交流を深めることができます。

楽しみながら友達作りまでできて一石二鳥です。

4.同窓会に参加する

同窓会に参加してみるのも、友達を作る方法の一つです。

小学校や中学校、高校の同窓会に参加する事で、学生時代の友人に出会うこともあるでしょう。

昔の思い出話しに花を咲かせることができれば、また一緒に遊びに行こうと再び仲良くなれるチャンスです。

学生時代には顔見知りだった程度の相手の場合でも、大人になってしゃべってみれば話しの合う人だったなんて新しい発見もあります。

友達を作りたいのであれば、まずは積極的に同窓会に参加して、同級生と思いで話しや近況報告などで盛り上がってみると良いでしょう。

そこから同窓会後もまた集まろうと約束して、次につなげていけばいいのです。

いかがでしたか。

友達ができない男性が友達を作るには、まずは人見知りや口ベタだから諦めずに自分の殻に破りましょう。

職場は一日の大半を過ごす場所なので、社内で友人になれそうな人を探して飲みに誘ってみると良いでしょう。

仕事での相談や社内での事など、話題は尽きないでしょう。

職場に友達になれそうな人がいない場合には、習い事に挑戦してみるのも方法です。

習い事は、同じ趣味を持った人と知り合う絶好の場所です。

また、同窓会に参加してみるのも、友達を作るきっかけになるでしょう。

学生時代の友人と再び友情が芽生えたり、昔は仲よく無かった同級生と意気投合したりするチャンスが生まれます。

要は、積極的に友達になれそうな人と知り合える場所に出向く事が大切です。