フリーターとの結婚。確認しておくべきこと3個!

最終更新日:2018年2月4日

フリーターと結婚する場合、男性か女性かによって確認しておくべきことは変わりますが、どちらの場合でも将来の確認が必要です。

ここでは、フリーターと結婚する前に確認しておくべきことについて紹介します。

1.フリーターの理由は何か

結婚相手がフリーターの男性の場合は、フリーターの理由を結婚前に確認することが大切で、理由によっては結婚をどうするか考えることも必要です。

フリーターの理由が目標に向けて貯金していたり、やりたい仕事の下積みをしているなど、将来を考えている場合は問題のない理由です。

また、やる気は満々だけど中々理想的な仕事に就けないという理由も、時期が来れば定職に就くので問題ない可能性が高いです。

ただ、見極めが難しいのはフリーランスで働く人の場合で、内容や将来が見え難い分判断も難しいという点があります。

フリーランスで働く人の場合は、安定した収入を取る根拠や契約先があるので、定職に就かずフリーランスで働いている人には、安定した収入が見込める理由を聞くのがオススメです。

根拠なくフリーランスと言う場合は、収入を取る根拠が見えないので、話を聞いていると違いが分かり判断しやすくなります。

2.いつまでフリーターでいるか

フリーターの男性と結婚する前に確認しておくべきことは、いつまでフリーターでいるかの確認です。

目標があってフリーターをやっている場合でも、達成できない時はどうするか確認して、達成できない時のプランを考えているか聞くことも必要です。

結婚すると子供をいつまでに産んで、いつマイホームを持つかなど計画を立てるため、夢を追いかけるにも期間が必要です。

目標に向けて頑張っているから安心と考えて期間を定めないと、後々後悔したり離婚する原因にもなるので、結婚は計画性と安定性を優先に考えることが大切です。

また、結婚相手の女性がフリーターをやっている場合は子供を産む意思はあるかや、産む意思がある時はいつ産むかなど確認することも必要です。

3.貯金を確認する

結婚して円満な家庭を築く第1条件は、生活をする上で困らない経済力があるかです。

結婚相手がフリーターの男性の場合は、一家の柱になるため経済力が必要です。

貯金を確認すると金銭感覚のタイプが分かるので、フリーターでも将来大丈夫な人か判断しやすくなります。

例えば、フリーターで貯金が100万円ある人は、お金使いが激しかったりギャンブル好きの可能性は低く、結婚しても経済面で安心なタイプの可能性が高いです。

また、貯金額が100万円より低くても、ある程度の金額を長期的に維持している場合なら、金銭感覚はしっかりしている可能性があります。

貯金がないフリーターの場合は、ギャンブル好きやお金の使い方が激しい可能性があり、結婚後苦労する可能性があるため注意が必要です。

恋愛は気持ちがあれば上手くいきますが、結婚は経済力がかなり重要なポイントです。

経済の専門家が、いくら子供の面倒を見る旦那でも生活する経済力がないと離婚になると言っていましたが、正にその通りで安定した生活をさせられる男性こそ理想的な結婚相手です。

その為、フリーターの男性と結婚する場合に確認しておくべきことは、貯金を参考にして金銭感覚を把握するという点です。

また、貯金がなく借金がある場合もあるので、借金の金額も確認する必要があります。

結婚する場合は、安定性や将来性のある相手が理想的ですが、結婚後に理想的な人になるケースもあります。

ただ、フリーターで借金があり先々不安を感じる相手の場合は、気持ちとは別に慎重に結婚を検討することが大切です。

冷静な判断に迷う時は、人生の先輩でもある親に相談すると正確な話をしてもらえます。