LINEでデートの約束を取り付ける方法5個

最終更新日:2018年2月3日

いまやLINEは電話やメールよりも気軽で日常的なツールで、恋愛においてもLINEを活用しない手はありません。

男性が女性にデートの約束を取り付けるのも、直接面と向かって話すよりもLINEのほうが成功率が高いこともあります。

ただ、LINEでデートの約束を上手にしている男性はやはりそれなりのテクニックや作法をわきまえています。

ここではLINEでデートの約束を取り付ける方法を紹介します。

1.日常的にLINEで連絡を取り合う仲になる

LINEでデートの約束を取り付ける方法は、まず相手の女性と日常的にLINEのやり取りをして親近感を持ってもらうことが重要です。

いくら普段から仲良く会話していて距離が狭まっていても、唐突にLINEでデートの誘いが送られてくると女性は身構えてしまいます。

または、直接誘わずにこんなときだけLINEなんてずるいと思われてしまうかもしれません。

ちょっとした内容でも頻繁にやりとりをして、この人はLINEで連絡してくる人だという印象を持ってもらうのが先決です。

2.話題性のある写真から話を広げる

LINEでデートの約束を取り付ける方法で活用したいのは写真です。

いちいち言葉で話題を提供しなくても、外出先で見つけたオシャレな公園、美味しい料理、面白いグッズなどを気軽に女性に送ることによってだんだん女性の好むポイントも分かってきます。

それに「かわいい、行ってみたい」「おいしそう」という反応が女性から返ってくれば「じゃあ、今度一緒に行こうか?」とごく自然にLINEでデートの約束を取り付けることができます。

3.スタンプを使って警戒感を解く

LINEでデートの約束を取り付ける方法の中でLINEならではの機能はやはりスタンプです。

文章だけで「今度の週末、僕とデートしてくれませんか?」と送ったら、やっぱり女性は身構えてしまって、文章の向こう側に男性の真剣な表情を思い浮かべてしまいなかなか心の準備ができません。

真剣なお誘いにどんな文章で返事をしたらいいか迷っているうちに時間が経ってしまい気が変わって「今週はちょっと、また別の機会に」と断られてしまうかもしれません。

ですが、先ほどの文章の後に「可愛いキャラがドキドキしているスタンプ」「ギャグっぽいキザな男性スタンプ」を送るだけで印象が全然違います。

直接相手の男性の顔を思う前にスタンプでワンクッション置かれるので気軽な印象になります。

女性側も「OK」スタンプ一つで返事できるのでデートの約束を取り付けられる確率がぐっと上がります。

4.既読になる時間をチェックして相手の行動パターンを読む

LINEでデートの約束を取り付けるメリットは、メッセージが既読になる時間や返信が来る時間をチェックすることで女性の行動パターンを把握できることです。

監視するわけではありませんが、普段からやり取りしていれば日中の仕事中は返信がめんどくさそうだな。

夜寝る前はリラックスしていてやり取りが続くなという傾向がわかります。

女性が忙しい時にデートのお誘いをするより、リラックスして機嫌がいい時に誘うほうが成功率が高いのは当然です。

5.なるべく直近でデートに誘う

LINEでデートの約束を取り付けるメリットはリアルタイム性もあります。

お互いの雑談のやり取りの中でたまたま週末お互い暇だから「一緒に出かける?」と誘うのは自然だし、相手の女性の予定が無いのを確認した上で「今夜暇?ご飯食べに行かない?」と誘えば女性も断る理由がありません。

LINEでデートの約束を上手に取り付ける為にはあまり先の予定を取り付けずに直近でデートに誘うことです。

遠い先の約束だとそれまでの期間に女性の気が変わって「やっぱり予定ができてしまってごめんなさい」と断られてしまう可能性があるし、なにより女性にドキドキ心配させる期間が長いのはスマートではありません。

LINEでいつでも連絡できるからこそ、直近で気軽なノリで誘えるのです。

いかがでしたか。

LINEでデートの約束を取り付ける方法は、LINEの性質を理解してなるべく気軽なノリで誘うことが重要です。

スタンプや写真を送ったり、女性が身構えないように気を使う方法がたくさんあるし、前々からそのような気遣いが伝わっていれば女性も気軽にデートの約束に応じてくれます。