働かない人の特徴4個!親に甘える怠け者!

最終更新日:2018年2月4日

働かない人は昔からいて、働かない人なりの特徴を持っています。

特徴は性格や考え方など色々な部分にあって、人によって見た目で分かる場合もあります。

そこで、働かない人の特徴について紹介します。

1.親に甘える

働かない人を見ると親に甘えるタイプが多く特徴的な部分で、それが働かない原因になる人もいます。

働かないと生活できないので一般的に働くと思いますが、働かなくても生活できると仕事をする意欲がなくなってしまいます。

親に甘えるタイプの人は親も子供に甘いケースが多く、子供を思って助けているつもりが逆効果になっています。

親に甘える人は親から援助してもらうので、親が裕福なのかなと思いがちですが、裕福な親より普通か貧しいケースが多く、子供が親の生活を苦しくする場合があります。

地主の家で生まれて働かないという人もいるので、働かない人全て同じ特徴とは言えませんが、親に甘えるという点は共通した特徴です。

2.怠け者

健康上の理由から働けない人は別ですが、健康で働かない人は怠け者という特徴があります。

苦労より楽な方を選ぶ怠け者タイプは、怠け者度合いが強いと働かなくなります。

軽い怠け者タイプだと仕事はするので、仕事をしない人はかなり怠け者度が高いと言えます。

怠け者になる場合は性格が影響を与えるケースが多く、若い頃から怠け者になる人が多いという特徴があります。

また、元々怠け者なタイプでも自分が得意な分野で成功すると、やりがいが湧き仕事をバリバリする人になる場合があります。

その逆で、得意の分野に失敗して挫折が原因で怠け者になり、働かない人になるケースもあります。

怠け者なタイプになると、新しいことにチャレンジする気持ちがなくなっていき、働くことを避けるようになります。

年齢を重ねるほど働ける場所が少なくなっていくので、怠け者の人は年々働かない道を進むことになります。

若ければ若いほど改善しやすいので、20代だから働かなくても大丈夫と思っている方は、早く働く道を進むことが大切です。

3.夢が大きい

働かない人は夢が大きいという特徴があって、今は働いていないけど必ず将来は成功すると考えがちです。

夢や話す内容がデカイ人ほど現実と伴わない傾向があるので、働かない人の特徴的な部分と言えます。

働かない人の年代によって少し違う点があり、若い人ほど大きな夢を語り年齢が高いほど、一発逆転的な夢を語ります。

一発逆転的な夢は非現実的な夢でもあるので、働かない人で怠け者なタイプが語りがちです。

働いている人で夢がある場合は、現実的な夢を語るケースが主流で、夢を聞いた人はそれなら叶うと思う内容がほとんどです。

4.コミュニケーションが苦手

最近は働くスタイルが色々あり、人と接しない仕事は複数ありますが、大抵の仕事はコミュニケーションを取る必要があります。

コミュニケーションが苦手だと人との接点を避けるため、仕事を辞めた場合は復職率が低くなります。

仕事を辞めて再就職をしないで働かないというタイプがほとんどですが、コミュニケーションが苦手な人ほど再就職を避け働かない人になる傾向があります。

ただ、怠け者度が高い人の場合は、コミュニケーションが得意でも楽を選び働かない人もいます。

働かない人を抜け出せるタイプは、コミュニケーションが取れるタイプで、抜け出せない人はコミュニケーションが苦手な人です。

働かない人の特徴は色々あり、特徴が多い人ほど抜け出せない人ですが、コミュニケーション能力は社会に出るために必要なため、他の特徴がなくても働かない人になります。

また、性格が原因で働かない人は中々性格は変えられないので、誰かに刺激されるか働かないと生きていけない、という状況まで働かないという特徴もあります。