LINEで告白する方法3個!事前準備をきちんとしよう!

最終更新日:2018年2月3日

告白をする時は話難い内容ほど緊張するもので、特に交際を申込む告白や大問題を告白する時は大変です。

ただ、内容に関係なくLINEを利用すると告白しやすくなるので、ここではLINEで告白する方法を紹介します。

1.告白まで事前準備をする

LINEでいきなり告白をすると相手が驚いたり、内容によっては断られるケースもあります。

特に交際を申込む告白の場合は、事前のリサーチが大切なポイントで、事前準備することでお互いのリスクを最小限にできます。

例えば、恋愛に関する文章を適度に織り交ぜ相手の反応を見ていき、反応が良かったらその先に進み悪いようなら現状を維持します。

むやみに告白すると駄目だった場合、自分を追い込むことになり相手と友達でいることも難しくなります。

その為、LINEでコミュニケーションをこまめに取りながら、自分をどう見ているか確認していくことが大切です。

LINEで恋愛についてやり取りをする時、好きな人はいるかや好きなタイプは誰かなどを聞いていくのも良い方法です。

こういった告白までの事前準備的なLINEを繰り返していると、相手もなんとなく気付き始めるので、避けるようなら無理して告白はしないでおき、良い感じがしたらLINE中流れで告白します。

2.告白はLINEで返事は直接

交際の申込みをLINEで告白する場合、返事は直接会って聞く方法がオススメです。

相思相愛な場合は、どんな形で告白しても良い結果になりますが、相手が少し迷っている時は時間を開けることが効果的です。

例えば、LINEで告白して返事はいついつどこでという形にすると、告白を真剣に考えてしっかりした返事がもらいやすくなります。

昔は、直接会って告白したり手紙で告白することが主流でしたが、直接会って告白すると最後の一押しができます。

その為、現代版告白方法としてLINEと直接会うという合わせ技で、成功する確率を少しでも高くするのがオススメです。

最近の高校生はLINEで平凡な会話をして仲を深め、告白する時はLINEの無料通話を使い告白する人が多くいます。

無料通話をする時は、すぐに告白はしないで色々話をした後に告白するケースが多く、場合によっては即答を求めないこともあります。

このことから、告白をして直ぐに返事をもらうという流れにリスクを感じているのは、今も昔も同じといえます。

3.正面から行く

LINEは、顔を合わせないで気持ちを伝えられるという点もメリットの一つのため、同じ職場や同じ学校ではない場合なら、正面からいきなり告白のLINEを送るという手もあります。

いきなり告白するという方法は、結果がすぐ分かるというメリットがあるものの、それまでの2人の関係性が結果を左右するので、自信がある人にオススメな方法です。

また、正面からLINEで告白するという方法は、恋愛の告白以外でも有効的なやり方です。

例えば、奥さんに言えない何かをした場合、面と向かって話すのは難しいことです。

ためらう時間が長くなるほど伝えられなくなるので、LINEで正面から告白するのが理想的です。

恋愛の告白も、告白するかしないか迷うケースがあるでしょう。

告白をためらった事で他の人に告白され、チャンスを逃す場合もあるので、迷う時こそ正面からいきなりLINEで告白するのも一つの方法です。

LINEで告白をする時は、LINE以外での関係性や情報も大切で、2人の関係性によって告白するタイミングは変わります。

ある程度仲が良い場合なら、LINEの無料通話を利用する告白も有りですが、仲がそれほどの時に無料通話で告白するとマイナスになる場合もあります。

LINEで告白する方法は、相手を知ってタイミングを合わせてから告白するという形が理想的です。

相手を知って行けると感じたら、すぐに告白することも大切です。