早とちりな性格の人の特徴4個!気が短く気性が荒い!

最終更新日:2018年2月2日

早とちりな人は、早とちりが原因で色々な負のリスクを背負いがちです。

性格的な部分に特徴が多くあり、類似している点も幾つかあります。

ここでは、早とちりな性格の人の特徴について紹介します。

1.気が短い

早とちりな人は気が短い人が多く、それが原因で早とちりをする傾向があります。

気が短いと、人の話を最後まで聞くことが面倒になり、途中で聞くのをやめたり話の腰を折る場合が多いので、結果として早とちりな行動をします。

会話をしていてうなずきや返事のタイミングが悪い人は、気が短いタイプが多く話をし難い人でもあります。

話をし難いと話す側も省略して会話をしたくなるので、内容が伝わらなくなるという悪循環を招きやすく、早とちりをするケースが多くなります。

その為、気が短い人は自ら早とちりをする環境を作っていて、相手の話す気を減少させるタイプです。

特に、女性の中年以降に多くなる特徴で、気が短いことから人の話を聞かなくなり、早とちりな性格の人になる場合や元々早とちりな人は強い早とちりになります。

2.気性が荒い

気性が荒い人は、安定した考え方をできない傾向があるので、人が言った内容を間違って受け入れやすくなります。

気性が安定しているイコール落ち着いた人でもあるので、気性が荒いと落ち着きがなくなり早とちりもしやすくなります。

例えば、気性が荒くマイナスに捉えやすいタイプだと、早とちりして相手を悪く思ったりトラブルを引き起こす場合もあります。

落ち着いていると会話の内容から相手の気持ちをしっかり把握できるので、無駄なトラブルを起こす可能性は低く、落ち着かない人ほど早とちりからトラブルを起こす可能性が高いという特徴があります。

また、気性が荒い人は大抵プラスに考えない人が多い傾向のため、気性が荒く早とちりなタイプは最後まで事態や話を確認することが大切です。

3.目的達成を急ぐ

早く目的を達成して次の行動に移りたい場合は急いだ行動をしがちですが、その行動が強すぎると早とちりをする原因になります。

例えば、飲食店で注文を受ける仕事をしている時に、忙しいから早く次のお客さんへ行こうと考え、急いだ接客をすると間違えた注文を受ける場合があります。

早とちりな人ほど次の行動を目指しがちになるので、忙しくなった途端に早とちり的なミスを連発する時があります。

目的達成を急いでも、一つずつ確実にこなそうと考えられる人は、忙しくてもオーダーミスをしないので、チャキチャキ系の飲食店に向いています。

目的達成を急ぎ早とちりするタイプは、特定の人を相手にするような飲食店が向いています。

4.返事をしない

早とちりな人はせっかちな一面もあるので、返事をしない傾向があります。

意識的に返事をしないのではなく、返事すること自体を焦りから忘れているケースがほとんどです。

その為、話をした人から感じが悪い人と誤解される場合もあり、早とちりが原因で思わぬトラブルを招きがちです。

早とちりな人なんだと把握していると、返事をされなくても仕方ないかと思えますが、知らない人だと意識的にやっていると思われて、それが原因で初対面時の印象が悪くなります。

また、何かを支持されて返事をしっかりすると、ワンクションおけるので慌てず冷静な対応ができます。

しかし、返事をしないと言われてすぐ行動をとるので、早とちりからくるミスを起こしやすくなります。

早とちりな性格の人は、ミスというキーワードが特徴にあり、ミスからトラブルを招きがちです。

また、落ち着きがなかったりせっかちなどの特徴から、早とちりな人になっているとも言えます。

早とちりなミスが多いなと感じる場合は、ゆっくり話を聞いたり落ち着いた行動をすると、少しずつミスは減っていきます。